北朝鮮リスクで日経平均株価が下落。今後の予想は?

 
スポンサーリンク
 

ロンです。

 

日経平均株価が久しぶりに強く下落しましたね。

 

北朝鮮リスクの高まりに伴って円高株安が進んだと報じられています。

 

ロンは北朝鮮リスクというよりも、毎年この時期に発生しやすい下落ではないかと懸念しています。

 

つまり、ロンの予想に反して毎年同様の8月夏枯れ相場となる可能性が高まったと言えるでしょう。

 

その一方でドル円相場は日柄としても反転して円安方向への圧力が強くなりつつある時期であり、ロンの思いは交錯しています。

 

ドル円が110円をしっかりと割り込んだということもあり、108円台への移行可能性も高くなりましたが、逆に日柄に加え3番底を付けて反転することも見込まれるため、ここでも思いが交錯しています。

 

ま、ちょっとこのタイミングでの予想は難しいし、あまり意味がない気もします。

 

どちらかというと、以前も触れましたがドル円107円までもしっかりと想定した上で対応していることが大切ですね。

 

国際政治状況としては北朝鮮問題が注目を集めていますが、この北朝鮮問題の最悪を想定してドライに日経平均株価を見通した場合、どのようなことをロンが想定しているかと言えば、それは株価の非常に強い上昇です。

 

お金の話だけに限定した本当にドライな話なので、あまりこういう事を言い過ぎるべきではないと思いますが、本業が日経平均予想屋のロンとしては言わざるを得ません。

 

北朝鮮問題は日経平均にとって美味しいゴハンになる可能性がかなりあると思います。

 

それは政治的に良い方向に展開しても、逆に悪い方向に展開しても同様です。

 

よって、北朝鮮問題に絡んで円高株安に触れた場合、それは一時的なものになる可能性が非常に高く、その後は強い反転、強い株価上昇が発生するだろうと予想しております。

 

ただし、直近は夏枯れと北朝鮮問題が混在しており、判断には余裕をもって気を付けて参りましょう。

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!