副業時代にサラリーマンが選ぶべき副業とは

 
スポンサーリンク
 

 

副業時代

多くのサラリーマンが本業以外に、仕事を持つ時代が到来しました。

 

そこで、不労所得マニアの私が何をオススメするかについて書いておきたいと思います。

 

副業時代に、私がオススメする「副業」は、株や為替でのトレードや資産運用でもなく、アフィリエイトや転売でもありません。

 

えっ??

 

このサイトにも、資産運用とかアフィリエイトとかあるし、それを勧めるんじゃないんだ?と思うかもしれません。

 

ええ、それらは勧めません。

 

これらは副業時代の「副業」としては不向きだと思っています。

 

副業時代が何を意味するのかと言えば、それは本業の収入が減る!!ということです。

 

本業でしっかり稼いで、副業としてアフィリエイトとか投資とかだったわけですが、そもそも、副業時代というのは、本業だけでは生活がキツイ!!時代になります。

 

これは、見かけの手取り収入だけではなく、終身雇用の完全な否定へと舵を切り始めたということです。

 

給料が少し安くなってキツイ!!というレベルの話ではないんです。生涯年収自体が月々の給与減額から想定する領域を飛び越えて、かなり減るということです。

 

場合によっては、驚くほど激減するケースも出てくることでしょう。

 

何かあっても、自分でちゃんと自分の収入を確保してくださいねということでもあります。

 

企業はより効率的に人材をマネジメントしたいのです。逆に言えば、企業にとって現状の雇用体制は非効率過ぎるということでもあると思います。

 

この副業時代の風が、すでに多くの日本人サラリーマンに吹き始めています。

 

だから、本業と副業、そこに加えて不労所得への道としてアフィリエイトや投資があるという感じに捉えた方が良いと思っています。

 

そこで、私のオススメする「副業」についてですが、自分の趣味や興味のあること、楽しいこと、自分の人生を高められること、スキルアップしたいことなどに関連する仕事をすべきだと思っています。

 

そうです。すぐに楽しくて、すぐに「お金」が手に入る仕事です。実際に働くべきという考え方です。

 

半年間、無理して頑張ったら、もしかしたら稼げるかも!!みたいなことをすべきではないと思っています。

 

それが副業時代に副業を選ぶコツだと私は思っています。

 

だから、例えば趣味がテニスであれば、テニスに関連する施設でアルバイトをするとか、スポーツショップでアルバイトをするとか、そういったことですね。料理が趣味であれば、学ぶために料理店で調理補助のアルバイトをするなど。

 

釣りが趣味であれば、釣具店でアルバイトをしたり、漁師さんの船のお手伝いをしたりすることが考えられます。

 

なぜ、こういったことが良いと私が考えるかと言えば、その先に事業化の可能性を得ることが出来るからです。

 

どんな事業に発展するかも分かりません。本当に前を向いた時、色々な課題や問題を発見することになると思います。それを改善することがビジネスになり得るのです。

 

想像していたものとは全く違う発展を遂げる可能性があると思います。

 

個人事業主として、いつでも事業を起こせる段階に少しでも近付いていた方がよいはずです。

 

そう考えると、こういったことで得る知識は実は非常に価値のあるものと思えてくるのではないでしょうか。

 

だから、アルバイトだからといってバカにせず、一つ一つ学んでいくことが大切ですね。

 

このアルバイトによって得るものは、お金だけではなく、「知識」とか「ノウハウ」です。

 

ここがポイントで、ここが重要です。

 

このようなことから得ることが出来るものをITや金融に結び付けていくと、最終的には事業拡大とか、資産運用とかウェブ運用とか、節約コンテンツなどにつながっていくと思います。

 

強調しておきたい点は、副業時代というのは、そもそも年収が下がることが大前提の時代です。

 

個別事情は色々とあるはずですが、全体として年収が下がり、より厳しくなっていく時代です。

 

その中で個人が勝ち上がるためには、経験や知識、ノウハウ、そしてお金を貯めつつ、自分の大変化の時期に備えておくことだと思います。

 

人生という点では、自分の好きな事が出来ずに自分の人生を食いつぶしていくことが一番、敗北感を味わうことになると思います。

 

自分の好きなこと、興味のあること、楽しいことを中心にすえて、お金もしっかりと確保しながら生きていくべきだと私は考えています。

スポンサーリンク



心身への考慮も大切

 

実際に副業するとなると、体力面も大事になってきますね。

 

でも、いつもオフィスで座ったままだという人であれば、少し身体を動かした方がよいでしょう。

 

逆に、身体をいつも動かしているという人は、座って出来る仕事を選んだ方が良いと思います。

 

身体も効率的にコントロールして、出来る限り快活に生きていく道を探りましょう!

 

それから、メンタル面でも副業時代では非常に厳しくなってくると思います。

 

なぜなら、多くの人たちがお金の不足を感じる時代になるからです。

 

お金の不足が感じる場所では、色々な問題が生じやすくなります。

 

だから、この問題から目を背けるべきではないでね。

 

このあたりについては以下の記事で書いています。

 

すべてのストレスの原因は「お金」です。

 

副業時代に大切な仲間

副業時代では「仲間」の存在が非常に大切になってくると思います。お金が無いからと言って、不平不満ばかり言っているようでは、人は離れていきます。

 

人に文句ばかりを言ったり、悪口ばかりを言ったりする人は、副業時代には大変生きにくくなると思います。

 

仲間もお金も無くなるからです。

 

相手のことを考えて、誠実に。自分が間違っていたら、きちんと謝罪できる。

 

基本的なことですが、大切なことです。

 

誠実に仕事をせず、立場を利用してチャランポランなことをやっている人も同様です。

 

こういったことを長年続けてしまった人は、すでに顔に表れているため、面接で落とされるケースが多いかもしれませんよ。

 

副業時代には、サラリーマンの本当のレベルが明らかになってくると思います。

 

心を入れ替えて、まじめに誠実にという姿勢が、人生の不労所得を見据えた場合に最適な姿勢です。

 

環境と習慣、不労所得。

 

副業禁止の理由

副業時代に突入しても、副業を禁止する企業は残ると思います。

 

だから、就職する際、企業を選択する際には、その企業が副業についてどういった考え方を持っているのか要チェックですね。

 

副業がしたいなら、このあたりの確認が出来ないような企業はオススメ出来ません。後々、トラブルになりやすいと思います。

 

「副業禁止」方針について、企業側にも正当な理由を認められるケースがあるかもしれません。

 

たとえば、副業をしなくても十分に豊かな暮らしを継続するだけの給与と仕事を用意するから、本業に専念して欲しいと願う企業と、自分たちの事業ノウハウや利益規模を横取りされてしまうのではないかと懸念する企業が思い浮かびます。

 

ですが、「副業禁止」は個人にとって、大きな損失だと思います。副業をどんどん大きくできれば、自由が手に入るわけですから。

 

この道を閉ざしても良いだけのものを企業側が用意できないのであれば、時間とともに「副業禁止」は少なくなっていくと思います。

 

関連記事:資産運用大全
関連記事:節約大全
関連記事:環境と習慣からの不労所得

 

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!