企業側から見た株

 
スポンサーリンク
 

 

企業にとって、株は単にお金を集めることが出来るというメリットがあるだけでなく、集めたお金を自己資金として運用することが出来るというメリットもあります。

 

また、株主となる人は企業の目標や夢の実現を期待して資金を提供する人たちであるため、その意見は企業活動をより良くするためのものとして発せられることが多く、企業側にとっては貴重な事業推進材料となる可能性があります。

 

上場企業にとって、株は資金集めの点で非常に優れているばかりでなく、旧態依然とした体制に対して外部から好ましい圧力を加えることで硬直化した組織への劣化防止効果も期待できるのです。

 

このことが、競争力維持への貢献にもつながるということが言えます。

 

企業の内部で働く人たちを見れば分かるように、長年働くことで慣れや技術の蓄積も進む一方で、今以上のパフォーマンス向上が望めない人たちが増えてしまい、若い世代がもっと急成長して良いにもかかわらず、若いからとか、経験がないからという理由で仕事内容に上司の制限が加わり、パフォーマンスが構造的に向上しない環境に陥っているケースもあります。

 

理系の人たちが企業の存在意義、根本価値を作っているにもかかわらず、経理や会計といった事務職の人たちの人件費が多くなりすぎている企業もあります。

 

このようなことがエスカレートし、慢性的な状態が続くと組織は硬直化し、衰退の道を取らざるを得ません。個々の怠慢が組織崩壊に直結するのです。

 

このような衰退について客観的に俯瞰し、組織全体の成長という観点からどのような経営者が望ましいか、どういう考えが望ましいかを示すことが出来るというのも外部の人間となります。

 

ここでも株主価値を明確に意識することが出来ると思います。

 

企業の管理職と言っても、現場の一サラリーマンです。その人たちには何も出来ないことは多いはずです。上に従い、慣習を壊して改善するために必要な使命感も役割も持っていないことが多いからだと思います。

 

企業にとって、上場するということは非常に意味が大きく、価値のあることです。

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!