仮想通貨関連銘柄へ約120万円を投資

 
スポンサーリンク
 

 


不労所得マニアです。

 

仮想通貨についてはギャンブルとして対応すべきとの認識をすでに明示していますが、仮想通貨関連銘柄への投資であれば、投資活動として問題のあるものではありません。

 

不労所得マニアも仮想通貨関連銘柄へ約120万円を投資しました。

 

3銘柄分散ですが、比率としては1銘柄に約70%の集中投資です。

 

なぜ、仮想通貨関連銘柄への投資を行うことにしたかと言えば、仮に一般通貨と変動相場制になっている仮想通貨がダメになったとしてもブロックチェーンを中核とする技術は今後大きく拡大することが見込まれるためです。

 

さらに、集中投下することにしたこの一銘柄については、その企業さんの製品をSE仕事で何度も触ったことがあり、かなり信頼性のある企業だと知っているためですね。

 

因みにロンも何度も触ったことがあると言っていました。

 

ロンは色々な大企業の内情に詳しいですが、本当に色々なところで利用されているとのことです。

 

こういうSEだけが知っているスゴイ企業って実際ありますよね~。

 

もう、上場廃止してしまった1stホールディングスとかも、どこの大企業SEさんもみんな知っていますね。

 

この名前を知らなくても、その製品を知っているという感じです。

 

 

大手企業でSEをしている人であれば、かなりの割合で知っている製品を提供している企業ですが、一般的にはあまり名前が有名ではないため、ビックチャンス銘柄であるにも関わらず反応が薄い感じがします。

 

もし仮に、国内のブロックチェーン技術提供まわりで圧倒的な首位になることが見込まれた場合、超巨大企業へと躍進する可能性もあると考えています。その土台や環境はすでにあるとの読み。

 

よって、この企業に集中投資です。

 

頑張って欲しいです。

 

銘柄名は色々と問題があるかもしれないので、明かしません。

 

仮想通貨自体への投資であれば、リスクはコントロール出来ないものの、しっかりとした土台に基づいた企業への投資であれば、リスクもコントロール出来ますね。

 

ビットコインがダメになっても全く問題ない。

 

投資活動においては、リスクを徹底的に減らしていくことが大切です。

 

ギャンブルでやる分には、仮想通貨購入も全く問題ありません。

 

魅力的な投機だと思いますよ!

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!