ペラサイト、ニッチキーワードで上位表示。

 

「ペラサイトで稼げる。」

 

かなり以前にも流行っていたペラサイトによるノウハウ。

 

また、これが復活しているようです。

 

これだけで月に100万とか稼いでいるアフィリエイターさんがいるようです。

 

もう何年も前にシリウスというソフトを使って、これをやっていた人が多かったと思いますが、その後に完全に駆逐されたと思っていました。

 

でも1年前くらいから、またこのシリウスを使って復活しているようです。

 

いくつも実践の話が出てきています。

 

このノウハウって資産型のサイトをしっかり作ろう!と思っている人でも流されやすいです。

 

何と言っても1枚作って基本終わりですからね。

 

スピード感が全然違います。

 

これを一歩先行くSEO対策から考えるとどうなるか?

 

これが実は簡単にダメだ!と言い切れない部分があるんです。

 

なぜかと言えば、ペラサイト作成者は、かなり稀な検索キーワードばかりに目を付けてサイトを作成するため、そのキーワードに対するコンテンツという点では最も有益な情報を提供しているケースがあるからです。

 

つまり、人の役にちゃんと立っているペラサイトが十分にあり得るということです。

 

でも、広告を預かるグーグルとしては企業のブランディングの観点や反応率の観点から、そこにアドセンス広告を掲載はしたくないということだと思います。

 

だけどインデックスはしてあげても良いかなと、そういう位置付けのサイトになると思います。

 

だから、グーグルが評価している資産サイトの運営者がそのペラサイトを見つけて対処し始めたら終わりですが、これはなかなか出来ないと思います。

 

仮に見つけたとしても、稀なキーワードに対するコンテンツを作らないといけない。

 

それが既存コンテンツとの親和性を崩す場合も多々あるんです。

 

で、またペラサイトが復活しているということだと思います。

 

復活はしているようですが、私の総合評価としてはやっぱりリスクが大きくなる行為だと思っています。

 

仮にコンテンツが有益でもあったとしても、ブランディングの観点などからNGだと判定されてしまえば終わりですし、検索エンジンの大きな順位変動だけではなく検索意図に対する検索結果の出力内容にこのあたりを考慮して結果出力するようになれば、グーグル検索結果から一気に順位を落とされるかもしれません。実際に以前ありましたよね。

 

で、試しにコンテンツをしっかりと作った3000文字以上のペラサイトを作ってアドセンスのサイト申請をしてみましたが、やはりNGでした。

 

因みにサイト申請でNGをくらったのは初めてです。

 

グーグルの意図もこのようになっていますし、そこを攻めていくのはサイトを不労所得化していくための行為ではないと判断しました。

 

でも、とりあえず100万と思って淡々とやってみるという手もありますけどね。

 

私はやらないですけどね、きちんと資産化していく行為をしたいと思っているので。

 

でも、若い頃ならやってたかな。ははは。

 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:初心者向け無料アフィリエイト講座

 
また、最近急激に人気が出て評判の良い教材を以下でまとめています。
オススメ人気急上昇中のネット教材