今すぐお金を借りる方法について。不労所得マニアの見解。

 
スポンサーリンク
 

「不労所得マニア」として気になっていたこと

私は「不労所得マニア」として、どんな人であっても不労収入を得ることが出来る道を追及し、それぞれに独立して稼いでいくための明確なヒントや、得をする情報、あるいは、損をしないための情報を調査し、この情報を発信し続けていきたいと思っています。

 

この理想を追う過程で、気になり続けていることがあります。

 

それは、「そんなこと言っても、実際に今、このたった今のタイミングでお金がない人は結局何も出来ないじゃないか!!」という件です。

 

確かに、この部分がありますね。

 

このブログでは、ポイントサイトも紹介し、カード発行などの情報でお金が得られることにも言及していますし、このポイントサイトを利用して、ビジネスへ発展させることが可能であることも明示しています。

 

ですが、これも今スグにお金が手に入る情報ではありません。

 

ポイントが付与されて換金できるまでには、ある程度、時間もかかります。

 

時間のかからないものは、本当に小額になりますしね。

 

よって、本当に直近でお金に困ってしまった!!今すぐにお金が欲しいという人にとってはその場で役立つ情報にはなっていませんね。

 

今すぐにお金を借りたい人を想定する

私は、「どのような人であっても、不労所得を得ることが出来るための情報提供を行う」ことを目標にしているので、それは、つまり、今の時点で本当にお金がなく、資産もない、友人や親族などにお金を借りることも出来ない、さらに、無職で恋人などの頼れる人も全くいない。その上、いわゆる金融ブラックとなっている。

 

もちろん、お金につながるようなものや仕組みは一切持っていない。

 

このような人、今すぐにお金が必要な人を想定した場合に、この人が不労所得への道を歩むには、どのようにすべきなのか?

 

このように考えることは、生きるためのヒントを得ることが出来るのではないかと考えたため、このような人を想定してみました。

 

私が想定した人、すでに金融ブラックとして色々と制限されている人で、今の時点でもお金が全くない人は、おそらく、ブラックリストにのっているけれど、それでも、どこかでお金を貸してくれるところがあるなら、即日にでも、今すぐにでもお金を借りたいと願っていると思います。

 

ブラックでもお金を借りることの出来る方法を必死に探すと思います。

 

しかし、ブラックリストにのっている上、無職。

 

これで、お金を借りることが出来る消費者金融はあるのでしょうか?

 

非常に難しくなることが想定されます。

 

このような人を想定すると、経済的困難が治安の悪化に結びついてしまうことも、すぐに想像できますね。

 

ですが、このような状況にある人も、ここで諦めてはいけないと思います!

必ず、成功への道は用意されています。

 

 

不労所得マニアが、ブラックで一人ぼっち。そして天涯孤独だったら・・・

仮に私が、この状況下におかれたら、まずハローワークへ行き、すぐに住込み等で働くことが出来て、かつ、すぐにお金をもらえる場所を探します。

 

とりあえず、衣食住が整うならOKです。

 

この条件を明示して、ハローワークがその職を提供できるのかどうか。

 

そして、ハローワークが、提案してくれたものの、すぐにお金を手に入れることが出来ないということであれば、直近の生活を維持するために必要なお金が得られないということになります。

 

この段階で、ハローワークの人や、市などの地方自治体、厚生労働省に、このような場合にはどうすればよいか、相談をすると思います。

 

実際、生活福祉資金貸付制度といったものがあり、この制度は低所得者世帯や障害者世帯、高齢者世帯を対象としてお金の貸し付けを行うためのものとなっています。

 

おそらく、これを利用することを考えると思いますが、それを考慮した上で、直近で必要となるお金はどうすればいいのか?

 

この点を明確に相談すべきですね。

 

この制度の適用を受けたとしても即日でお金がもらえるかといったら、そうではありません。

 

なので、別に、臨時特例つなぎ資金貸付という制度があり、直近で必要となるお金を借りることが出来るそうです。

 

今すぐにお金が必要といった場合には、この制度の適用が考えられます。

 

このような制度があるので、お金に本当に困ったら、国や地方自治体にちゃんと寄り添って行動するのがベストです。貸付金利も民間に比べて非常に低く抑えられています。

 

ハローワークに行って、労働意欲を見せる。そして、その上で直近に必要不可欠なお金の相談するということであれば、必ず社会保障の適用が何らかの形でなされるはずです。

 

もちろん、私が想定している人のような場合においてです。

(資産があるとか、親と同居で親がお金に困っていないとかは絶対無理です。)

 

どのような状況下においても、必ず生きていけるようになっているということです。

 

 

日常の環境が整って、不労収入を得る

そして、働くことで得たお金を貯蓄に回し、仕組みを作るためにお金を投資して頂きたいと思います!!

 

節約にも力を注ぎ、徹底的に仕組作りに専念する環境を整えることが大切だと思います。

その際は、当ブログの情報も活用し、無駄な投資を減らして効率よく前進していきましょう!

 

極度に、仕事を失うことや、お金を失うことを恐れる人が多いのですが、日本は、基本的に食うに困ることはないように出来ています。

 

憲法で規定された範囲内において、誰でも、自分らしく、やりたい事をやれる基本的な環境は整っているのです。

 

どのような人であっても、義務を消化した上で、貯蓄し、自分のやりたい事をやれる時間を広げていくことが可能です!

心配せずに、前向きに行動に移し、色々な制度のことについては、細かく聞いて回るという姿勢が大切だと思います。

 

一人になってしまって、精神的に病んでしまい、正しい判断が出来なくなることもあるかもしれません。

ですが、基本的に国民としての権利と義務を意識して行動すれば、進むべき道が必ず見えてくることは覚えておきたいところです!

 

10万だけ貸して欲しい。すぐ返せるという人

以上のようなケースではなくて、ホントに直近の10万円だけ貸してくれればOK!

 

直近で、ちょっとお金に困っているだけで、実際には困っていないし、すぐに返せるという人。

 

このような人であれば、逆に民間業者の方が面倒がなくて簡単に借りれて便利という場合もあるでしょう。

 

その場合を想定して、不労所得マニアは、貸金業者データーベースを作成しました!

お金を借りる方法データーベース

お金を借りる人は、計画的に借り入れを行い、返済計画もしっかりと考えて利用するようにしましょう!

 

お金を借りるということに、どこか後ろめたい気持ちを持つ人もいるようですが、一方で、多くの人がマイホーム購入のために、大きな借金をしてマンションや家を購入しています。

また、事業主は常に借金と隣り合わせと言ってもよいでしょう。

 

大企業でもお金を沢山借りています。

 

しっかりとした計画の下に、お金を借りることは悪い事ではありません。

利用できるものは、堂々と利用していきましょう!!

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!