人間としての風水



8千年風水
 

人間という環境自体にも風水を適用できます。

 

人間について風水の観点から、どのような行動を取れば吉となるか。この点について書きたいと思います。

 

まず、清い水が常に流れていることが望ましいということになります。

 

それはどのようなことかと言えば常に清い水を摂取可能な状態、環境にあることがまず大切です。

 

水分摂取を何か社会的な理由により少なくしたりする必要はありません。

みんなで水分を豊富にとって、たくさんトイレにいきましょう。

これが風水の視点で言えば良好な生活スタイルです。

 

ですが仕事場などでは気を使うあまりに、水分摂取を少なくしてトイレの回数が少なすぎる人たちが沢山いるはずです。

 

これは風水の観点から言えば良くないことになります。

水分摂取量が少なくなると病気にもかかりやすくなります。

血液の流れにも影響を与え、人間の細胞へも影響を与えます。

 

昨今、色々なところで言われているように「水」をしっかりとりながら生活をすることが大切です。

 

水を沢山取れば排便も良くなり、代謝も良くなります。

 

それから清い空気を吸いながら生活することも大切です。

 

清い空気が吸える場所であるか?これは非常に重要なことです。

 

特に仕事場などではこの点について、職場環境に関する責任者、企業側がきちんと環境確保を行うことが自らの企業活動の前進にもつながるのだと認識して頂きたいと思います。

 

北条 理弥子

 

<人生向上のための教材>
生活改善、生活向上のための教材を集めています。

 


 

【関連記事】
 ・日常生活としての風水_水周りに関して大切な事とは
 ・日常生活としての風水_仕事環境について意識を持っておくべき事とは
 ・日常生活としての風水_風水からみた最適な睡眠環境とは

 
【TOP】
 ・風水 HOME
 

 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連記事:具体的に不労所得を獲得する方法
関連記事:不労所得コンテンツの人気ランキング