人生を変えられない理由と対処方法、住む場所はやっぱり超重要

人生を変える時の具体的な方法と考え方

人生を変えられない理由は環境を変えられないからです。

 

その中でも「住む場所」は突出して大きな要素です。

 

この住む場所について、これまでも取り上げたことがありましたが、今回も書きたいと思います。

 

なぜ、また書きたいと思ったかというと、住む場所を変えることなしに人生を変えようとしても、ハッキリ言ってほとんど無理だと思うからです。

 

仕事を変えても住む場所が変わっていなかったら、人生が変わるほどの変化は期待できないです。

 

なぜなら、自分の感受性が変化するようなことは期待できないからです。

 

それから、「住む場所を変える」というのは、今の自分では想像できない環境下にある地域や場所に住むことです。

 

なんとなく、今の延長線上で考えることが出来るエリアだと変わらないです。

 

これは近場のマンション購入とか引っ越しでよくあると思います。

 

そういう環境の変化でも、良いことはもちろんあると思いますが、人生が変わるほどの影響は基本的に受けないことが多いはずです。

 

今の延長線上で見据えることの出来る変化しかないからです。

 

住む場所は、これまでの生活では全く想像できないところ。

 

ここに変えることです。

 

人生を変えたければ。

 

東京の都心部から地方に移るとか、この逆とか、5万円家賃のマンションから30万円家賃のマンションに住むとか、この逆とか、ガラリと変えることです。




人生を変える時の前提

人生を変える、そのために住む場所を変える。でも、これが中々出来ません。

 

だから、人生なんか中々変わらないです。

 

10年、同じ所で一生懸命頑張ったら、もうそれ以上の結果はたぶん出ない。

 

基本的に住む場所を変えるべき時になると思います。

 

実際に成功していったような人で、成長期に10年同じ所に住んでいたという人は少ないと思います。

 

というか、いないのではないかと思います。

 

つまり、10年経過してダメだったら、それ以上は成功できない環境にあるということです。

 

成功をどこに置くかということもありますが、事業にしても10年やって、まだまだ成長するという確かなものがなければ、もうそこまでです。

 

10年継続したことは大変なことですが、そこからさらにブレイクしていく可能性があるかどうかくらいは、10年やった人なら分かると思います。

 

住む場所を変えることが、とても大きな影響を人生に与えることについてこれまでも書いてきましたが、それは不労所得の原理の観点からも間違いがないことです。

 

とはいえ、まだ経済的に自立していなかったり、そもそも住む場所を変えるだけの行動力や勇気がなかったりすることもあると思います。

 

ですが、本当に人生を変えていく人というのは、どんな状況下にあっても住む場所を変えていきます。

 

だから、何かの理由を付けて○○が無いから無理だなんて言っているようでは人生は変わらないということです。

 

結婚しているとか、子供がいるとか、そういう理由がある人もいると思いますが、そういう人でも住む場所を平気で変えていく人は変えていきます。

 

そして、その中でも成功していくような人は、本当に力強い人だと思います。

 

この力強い人の特徴は、あらゆることを背負った上でちゃんと自己責任で動き続けることが出来ます。

 

人のせいにしない。

 

これは何らかのビジネスをする上では絶対に欠かせない姿勢だと思います。

 

人のせいにしないから、思考がしっかりした責任ある行動が取れるということだと思います。

 

無理だ!と思うだけじゃなくて、ちゃんと考えて行動しているということです。

 

因みに、今までで「1」できたらから、次は「2」に挑戦してみよう!みたいな学校の勉強みたいな考え方を人生についてもしている人は、人生を変えることが出来ません。

 

それは、これまでの延長線上で物事を考えているからです。

 

これが、一般的には小利口な人の考え方です。おそらく、サラリーマンの多くはこれに当てはまるはずです。

 

人生を変えるということは、物事を捉える時の状態や環境から根本的に変えるということです。

 

 

人生を変えようとすると言い訳が出てくる

今回は「住む場所」から人生を考えましたが、先日アップした「お金が入ってくる原因」の話も別の観点から同じことを書きました。

 

それは「自分で環境を選び、自分で価値を作る。」ということです。

 

環境を選ぶ時に、今とは違う環境でないと変化はない。

 

そうすると、どういう環境を選ぶべきかが見えてくると思います。

 

その環境に身を置いて、何をするのかということです。

 

もちろん、これまでやってきたことを、全く違う環境下でやったら、全然違うアウトプットが出るようになったということもあるかもしれません。

 

環境を変えると色々なことが変わります。

 

まずは、その環境に身を置いて感じて、考えて、そこからだと思います。

 

朝起きた時に、感謝の気持ちがわき上がってくる環境にいること。

 

これが一番大事だと思います。

 

どんなにお金があっても無くても、この点に不足がある人に関わってもあまり良い影響を受けないものです。

 

社会に出た時に不快な感情を持ちやすい環境では、感謝の無い生活を送っている人たちに囲まれた環境になっているはずです。

 

自分に良い影響があるか、悪い影響があるか、そこは感情で判断するしかないです。

 

理屈で判断しようとしても無意味で、人間は感情が先にあって理屈で何とか整理しようとするだけです。

 

自分の中で悪い感情を常に感じるなら、あまり良いことはないとシンプルな判断をすればいいだけです。

 

あの人は頭が良いとか、人脈があるとか、お金持ちだとか、そういうことを考慮するようになるから
おかしくなります。

 

自分にとってどうか判断する時には、自分の感情がどうかだけです。

 

 

「借金」と「住む場所」に共通するものとは

それから、住む場所が変えられないから人生は変わらないという話と似たような話で借金の話があります。

 

借金を出来る人はどんどん当たり前のようにしますが、借金などあり得ないと考えている人は全く借金をしません。

 

借金をする人の方がお金持ちは多いです。

 

因みに企業なんかは常に借金があります。

 

借金は当たり前にあるものです。

 

ですから、「俺はこれまで借金なんかしたことはない。」なんて言っている人にお金持ちはあまりいません。

 

どちらかというと、経済的に苦しい思いをしている人の方が多いと思います。

 

経営が上手で無借金経営でもビジネスに成功する人もいますが、事業規模は限定的になりやすいです。

 

それが良くないという事ではないですけどね。

 

ここで言いたいことは、借金すべき!ってことではないですよ。

 

個人でネットで活動するくらいのお金は借金せずに作れるはずなのでね。

 

借金を実際にするしないという話ではなくて、人は今の当たり前、常識をなかなか超えられないということです。

 

住む場所もそう。

 

借金の捉え方から見えるビジネスマインドもそう。

 

人はなかなか変えられないです。

 

せっかく住む場所を変えたと思ったら、メンタルが付いていかなくて、毎週毎月のレベルで実家に帰るようになる人もいます。

 

変えられないのです。

 

その場所に腰を据えて生き抜くことが人は中々できない。

 

人生はなかなか変えられないのです。

 




住む場所を変えるのはコワイ。メンタル面から考えた方法について。

人生を変えるには精神が強くなければいけない。

 

精神が強い人は簡単に人生を変えていきます。でも、そうではない人の人生はなかなか変わりません。

 

で、この精神の強さはどこからくるのかといえば、自分の生に対する信念のようなものから来ている思います。

 

こういった精神の受け皿、感受性がほぼ決定するが思春期、20歳くらいまで。

 

だから、この時期までに何をしていたかで人生が半分決まると私は思っています。

 

これは本当にそう思います。

 

日本ではこの大切な時期の多くが受験勉強で覆われてしまいやすい。

 

その結果、人生に対する自分の信念も無く、まわりと合わせて生活することで自尊心を保つようになります。

 

どこの組織に所属しているか、どこの企業でサラリーマンをしているかで自尊心を保つようになるのです。

 

だから、無理やり「今」を変えようとしてもダメだ!無理だ!って人は、たぶん、本当にそうなんだろうと思います。

 

それは、大きな変化に耐えられるだけのキャパシティがないということだと思います。

 

そういう人があと半分の人生で何を成し遂げるかですが、それは今出来ることを一生懸命やる!そして、それを続ける!ということだと思います。

 

その時に簡単に大きく人生を変えていく人を見るかもしれません。

 

その時に妬んで文句を言ったりしていたら、もう人生で成功することはないと思います。

 

今できることを一生懸命にやる!それだけが唯一残された光の道のはずなので、この道だけは絶対に死守することです。

 

それを続けていると、気が付いたら住む場所を変えていた、人生が変わっていたということになるはずです。

 

とはいえ、お金がマジでないんだけど・・・って時には

そういう時は最優先で働く場所を見つけてから移住コースか、若い人であれば、とりあえずリゾートバイトをしてみるとよいと思います。

 

若くなくても人手不足のところは結構あるので仕事を探してから移住することですね。

 

で、その間のことを全てブログにアップしていくこと。

 

そして、そのブログには単なる「日記」にしないことです。

 

それもあって良いけれど、そこから得た知恵とか戦略などを全てブログにアップしていくことです。

 

知恵をアップすることや、解決した問題や悩みとその方法などをアップすることで資産化したサイトになり、継続的に読まれやすくなるはずです。

 

経験がないと書けないことは本当に多いです。

 

そのネタ作りをしていると思いながら働くと面白いと思います!

 

因みに、そのブログはワードプレスで作っていくことですね。

 

出来れば綺麗なフォーマットを使うとリゾートの良い雰囲気も伝わりやすくなるはずです!

 

そこからアフィリエイトやアドセンスで報酬を得ることもできます。よく分からない人は以下を参考にして頂ければと思います。

初心者向け無料アフィリエイト基礎講座

 

関連記事:生活費が足りない人に知って欲しいこと

 

(後追記)
住む場所を変える経験と旅行経験は全く違うものです。住む場所を変えて何年も経過すれば、どんな人でも実感するはずです。
関連記事:保守と進歩のナルシスト問題から導く個人の生き方、考え方