中国と北朝鮮、そして日本、アメリカ

 
スポンサーリンク
 

ロンです。

 

さて、北朝鮮問題は引き続き注目されていますが、この点はおそらく中国と同様の道を歩むことになる可能性が高いとロンは考えています。

 

中国と同様の道?

 

中国は日本にとって、完全なる後進国というイメージが我々の世代ではあったはずです。

 

ですが、今や経済面で完全に圧されているどころか、庶民の暮らしぶり実態としては中国に完敗しているのが実情です。

 

日本人の庶民が中国に行って、爆買いしているといったことや、金を使いまくっているといったことはないし、それは相手が中国だからという話ではなく、アメリカでも韓国でも同様です。

 

もちろん、中国にも貧しい人たちがいるということは事実です。

 

ですが、日本は?

 

日本の貧困も凄まじいものがあり、日本人の6人に1人が貧困層となっています。中国にこの点でも既に完敗しているわけです。

 

世界一豊かな国であると信じていた日本には、中国に敗北し、北朝鮮にも敗北する道筋が見え隠れする。

 

実際、私たちの世代では、危ないねと言いながら、腹の中では勝手にやってください。そんなことをしている暇ないんですけどっ。って、シラケた人たちが多いのです。

 

特に良く勉強してきた人ほどに、実態が分かりシラけてしまう傾向にありますね。

 

アベノミクス?

 

賃金ちょい上げしたって、元々下げすぎていたところで、ほんの少し改善しただけという話。中国のが全然スゴイじゃん!って話ですね。

 

 

これは実は日本だけではなく、アメリカにも言えることだと思います。

 

 

このシラけが何を意味するか?

 

実際の国力が低下しているということです。

 

国家全体としての無気力、感情鈍麻。

 

こういった背後には、企業の評価が低くなり過ぎているということがあると思います。

 

特に、日本企業はあまりにも低い経済評価となっているとロンは思っています。

 

日本の実際の価値を知っているからこそ、中国人は日本の商品を爆買いするわけです。

 

物価水準もあまりにも低くなりすぎていて、企業の株価もあまりにも低くなりすぎている。

 

特に、日本には世界一の企業が集結しているにも関わらず、この評価が低くなりすぎているということです。

 

その上、さらに海外投資家から労働者が働きやすくしろなんてことを言われている。

 
円についても、あまりにも円高に傾き過ぎているということが実情だと思いますね。

 

一方、アメリカは金融政策でうまくやってきたと思いますが、金融資本主義が行き過ぎていて、実際の労働者にお金が分配されずに、富める者だけが圧倒的に富み、貧しいものは一生懸命に働いても貧しいままが確定した状況となっている。そして、これを追いかけているのが、日本です。

 

日本はアメリカと異なり、企業価値すらも今だに圧倒的に低く評価され過ぎたままであるため、この是正は金融の仕組上、必ず発生すると思いますが、この是正により発生する富が、主に金融資本家たちだけに分配されてしまえば、日本はアメリカと同じ失敗をすることになるでしょう。

 

そして、トランプ大統領と同様に自国優先主義が国民に支持されるようになるのです。

 

問題なことは、中国と同様にいずれに近いうちに北朝鮮国民にもあっさりと抜かれていくだろうということを、心のどこかで日本人も、米国人も想定しているのかもしれない。

 

そのような状況下で発生する無気力と感情鈍麻、投げやりな労働。

 

これが根本的に国家を弱体化させ、国力を衰弱させていくことでしょう。

 

 

そして、株や為替に群がる人々たち。株で儲けて何が悪い!と怒り狂う人たちの集団。

 

不義に対抗する不義は、心の底から正当化される。

 

その結果行き着くことになる不義で覆われた時代。

 

このようにして国家は衰退し、また新しい時代へとつながる。

 

歴史がすでに示してきたように、今現在もこのサイクルの中にいることを明確に感じる時代。

 

この時代を見据えて、次の世代のために、日本が世界を魅了する希望にあふれる国家となるためには、企業の低くなりすぎた評価を是正し、それから国民の多くに富が分配されるような仕組みにする必要があるでしょう。

 

どちらも金融の仕組が大きく関わっていることが言えるため、この点に関していずれ大きな転換が必要であることは言うまでもありません。

 

北朝鮮問題は、アメリカにとっても日本にとっても自国に目を向けるための良い機会になるのではないでしょうか。
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!