不労所得マニアの節約大全

 
スポンサーリンク
 

不労所得マニアは豊かになるための節約を考えています。

 

苦しいものではなく、豊かで健やかな節約術を不労所得マニアの視点でまとめてみました。参考になれば幸いです。

 

家計簿の目的を理解する

家計簿については色々な方法が提案されているものの、家計簿を長い期間絶え間なく付けているという人は意外に少ないと思います。

 

紙媒体での家計簿帳、エクセルで電子記録、スマホアプリで家計簿を付ける。

 

家計簿記帳についての手段も多様化し、色々な人たちのニーズに合っていると思いますが、それでも続かない。

 

ただ家計簿に関しては続かないことが悪いことではないと思います。

 

なぜなら、家計簿の最大の目的は「数字で生活全体を把握すること」にあるからです。

 

数字で把握することによって、健全な金銭感覚を身に付けることが出来ます。

 

どこに、どの程度のお金を費やしているのか?無駄使いや節約可能な点はないのか?など、しっかりと数字で生活全体を俯瞰すると、色々な節約ポイントが浮かび上がってくるものです。

 

一度、数字でしっかりと生活全体の詳細部まで明らかにした上で、工夫をしていけば、収支に対する健全な金銭感覚を身に付けることが出来ます。

 

自分の好き嫌いも、そこには自由に組み合わせて日常生活をそれぞれの趣向に合わせて描いていくことが出来るのです。

 

家計簿の目的は、数字で生活全体を把握すること。そのことで健全な金銭感覚を身に付けることにあります。

 

ですので、ライフステージが変わるなどして、ライフスタイルに変化が起きた場合には数字から生活全体を再度チェックすることが必要になるでしょうね。

 

家計簿は冷静な家計の把握が目的で、お金が無いとため息をつくために付けるものではありません。家計簿を付けてため息をつき続けていれば、お金はますます入ってこなくなりますので、ご注意くださいね。

 

節約で時間を無駄にしない

安さを追求するときに時間を無駄にしてしまうことがあります。時間は一番大切にしなければいけないものです。

 

時間を無駄にする節約は完全に行わないことです。

 

例えば、たった数十円安いものを買うために、いつも行くスーパーよりも時間距離にして1時間余分にかかる場所に行くことは、多くの場合に無駄な時間の使い方になるはずです。

 

1時間あれば最低でも800円程度は稼げる時代です。

 

そのようなことに時間を割くのであれば、稼ぐことを考えましょう。

 

「セールだから買う」を止める

スーパーなどでは常に「セール」が行われます。

 

最悪なセールの使い方は、欲しいと思っていなかったものを「セール」だから購入するという行動になることです。

 

欲しかったものを「セール」で購入するという原則を守らなければ、「セール」がただの浪費機会に変貌してしまいます。

 

「セール」の利用は必要なものを、賞味期限なども考慮して、自分が最も大きく値下げの恩恵を得ることが出来るように利用することで有効なものになることは言うまでもありません。

 

食べたいものを食べることも節約を続けるコツ

節約を始めたからと言って、これまで好きで食べ続けてきたものを制限する必要はありません。

 

もちろん、生活設計に見合わないような高額なものを食べ続けていたという場合であれば話は別ですが、日常的に使用する食材について急に食べなくなるということは、ストレスにならない範囲で行うことが大切です。

 

ですが、日常的に好きで食べていたものを食べなくなると多くの人がストレスを感じるのではないでしょうか。

 

食べたいものを食べ、満足したメンタルで節約を継続することが大切です。

 

ストレスを完全に除去する節約方法

家計簿の目的は、数字で生活全体を把握すること。それで現実的な金銭感覚を身に付けること。

 

これが大切でした。逆に、これをやらずに生活を送っていると、どこかで「お金」に関するストレスが突如として湧き上がってくることが多いと思います。

 

家計簿を付けることがストレスになってしまう人も多いと思いますが、それは無駄に家計簿を利用しているからです。

 

家計簿の目的を達成したら、ライフスタイルが変わるまでは、家計簿なんか不要になると思います。

 

念のため数字である程度、生活を把握し続けておきたいという人であれば、簡単に付け続けていけばよいですが、ストレスになるほどに家計簿を付けることは好ましくありません。

 

さらに言えば、家計簿を付け続けているのに、金銭感覚に全く変化がなく、無駄遣いを続けてしまうような人もいることでしょう。

 

このようになってしまえば、さらに家計簿がストレスになります。

 

ストレスを完全に除去するためには、数字で付けた後に具体的な行動を起こして生活を変える必要があります。

 

具体的な行動をすることで、数字による生活全体の把握が金銭感覚と結びついてくるはずです。

 

家計簿だけを付けて、全く改善をしない人に共通していることは、何も具体的な行動を起こさないという点です。

 

その結果、待ち受けていることは誰の目にも明らかで、さらにストレスが膨らんでいくのです。

 

ストレスを除去するためには数字把握に対して、具体的な行動が必要です。

 

作り置きの節約原則

よく1週間分の献立を考えて、週末や休日などに作り置きする人がいます。

 

それ自体は非常に良い事だと思いますが、長く続けるためには1週間分という括りで考えるのは賢くないと思います。

 

なぜなら、人は食べたいものがコロコロと変わります。

 

献立通りの食生活は本当に数多くの人たちをまかなう必要がある学校給食や社員食堂などでは計画性や実行性などを確実にするために必須だと思いますが、一般家庭であれば変化に対応可能にしておくことが継続的な節約生活には欠かせません。

 

だから、作り置きするのであれば、長く日持ちするもの。

 

基本的には冷凍保存することが出来るものに限定すべきです。

 

日持ちのしないものは、消費マインドにもストレスが加わるのです。

 

そのような形で節約を実現したとしても、ストレスになって長続きすることはないでしょう。

 

夏は扇風機を出来る限り活用する

夏場のエアコンは28度を順守。それでも、暑い場合は扇風機を活用する。

 

扇風機の電気代はエアコンの10分の1以下と言われています。

 

さらに、エアコンの温度を1度下げるごとに消費電力が増加して電気代は急増していきます。

 

具体的には1度下げるごとに、電気代は10%以上増加していくそうです。

 

1度2度下げるなら、扇風機で体感温度を下げた方が安上がり。

 

扇風機なら1日12時間使用したとしても電気代は、月に200~300円程度。

 

弱なら150円程度です。

 

エアコンと扇風機を組み合わせて、効率的に夏の暑さをしのぎましょう。

 





 

散髪代、美容院代

仮に散髪代に毎月4000円。

 

人生80年のうち、仮に50年間をこの金額で切り続けたと想定するといくらになるか?

 

4000円 × 12か月 × 50年

 

=240万円

 

です!!

 

女性の場合は切る回数が少ない一方で、1回にかかる料金が男性よりも高い傾向あり、単純に比較することが出来ませんが、仮に男性と同額だと仮定すると、夫婦二人で、480万円。

 

仮に30歳で結婚して、70歳までこれを続けると夫婦になって40年間でかかる費用合計は

 

4000円 × 12か月 × 40年 × 2人 = 384万円

 

です!!

 

かなり大きな金額になります。海外旅行に何度も行けてしまいますね!

 

自炊を極める

健康のことを考えても、節約を考えても自炊が一番。

 

外食では、どこの野菜を使っているのかも分からず、どこで取れた野菜を使っているのかも分からず、どのようなお米を食べているのかも分からないことが多いです。

 

これを不安に感じる人は多いはずです。

 

料理にかける時間は健康という非常に大きな恩恵をもたらしてくれるはずです。

 

料理を極めて行けば外食に対する意識も高まり、外食のレベルも上がるものです。「食」に対する意識が向上するのです。

 

煮込み料理には圧力鍋を利用しよう

圧力をかけることで通常では上がらない高温環境を圧力鍋の中に作り出します。

 

この圧力によって何が実現できるか?

 

それはエネルギーの有効利用、つまりガス代の節約になりますが、その中身がスゴイ。

 

圧力をかけて高温空間を作り出すことで調理時間が劇的に短くなるのです。

 

圧力をかけることで、沸点が100度から5度上がれば調理時間は半分になり、これがさらに5度上がった場合には、さらに半分になり、120度に達すれば、通常速度の16倍で調理が可能になるとのことです。

 

ガスの節約、時間の節約の点から利用しない手はないでしょう。

 

酒とタバコの取り扱い

酒を飲み出すと止まらない。

 

酒にはやっぱり美味しいおつまみが必要だ。

 

酒を飲んだ次の日は調子が悪くなって、胃腸薬。

 

くしゃみ、鼻水が出てきて、ティッシュを乱用。

 

口さみしいからタバコで一服。

 

合わせて、缶コーヒーを購入。ライターやタバコケース、愛煙家の必需品である携帯灰皿も欠かせない。

 

タバコ、酒に共通することは、それ自体だけでなく、その周辺でも色々な出費が増えてくるということです。

 

病院に通うことも多くなり、医療費ものしかかってきます。

 

酒とタバコは本当に多くのお金を失うだけでなく、健康的な生活自体を奪いかねません。

 

酒とタバコ。

 

これは出来る限り、止めるべきです。

 

見栄だけのための勉強や買い物はしないこと

特に計画性もなく必要もないのに見栄のためだけに各種資格試験の勉強をする。

 

これは時間もお金も無駄する行為ですよね。

 

見栄だけのためにブランド品を購入することも同様です。

 

無駄な行動、無駄な時間、無駄なものを人生から徹底的に除去することが大切です。

 

人の物を欲しがらない。自分が欲しいものを求める。

いつも人の物を欲しがっている人たちがいます。指をくわえて人のものを見つめています。

 

大人になれば、このような行動をあからさまにする人も少なくなると思いますが、それでも、このような精神は隠すことが出来ません。

 

いつも、人の物を欲しがるという精神は貧しさの表れです。

 

それは大人になれば他人の食べているものを食べたくなり、買い物に行けば、お店に陳列しているものは自分が買い物をしに来た目的とは全く異なる商品でも常に隅々までチェックすることで表れます。

 

このような人たちの特徴は、本当に自分が欲しいものを考えることをしないために、他人が所有するもので、自分が持っていないものは何でも欲しいものだと思うところにあります。

 

そもそも、願望は人それぞれ異なるはずで、欲しいものも違うはずなのに、自分が持っていないものは全て欲しいものだと勘違いをする人たちです。

 

このような精神は常に勘違いの不足感に覆われ、常に誰かから受け取ろうという精神へと転化することが多く、自分にはなく他人が持っているものであれば、それが顔であろうが体格やスタイルであろうが、物であろうが、資格であろうが、何でも欲しがる根性を保有しているのです。

 

このような根性を遠ざけるためにも、買い物に行く前には何を購入するかを明確にし、それを購入するためだけに買い物に行くべきです。

 

それが完了次第、余裕のある時間で新商品などの動向をチェックするべきですね。

 

何でも欲しがる人は、自分が買いに来た目的のものを買ってもないうちに、隅から隅まで商品を見ていく癖があります。

 

その結果として、目的を忘れて必要なものを手に入れることが出来ないことにつながり、さらに貧しさが増していくものです。

 

不労所得としての節約

不労所得から考える節約
不労所得から考える節約②
節約カードのデーターベース
保険の見直しで節約するためのデーターベース

 
魚の捌き方も、しっかりと覚えておくと良いと思います。
魚の血抜き、処理 まとめ動画

 

不労所得マニアが選抜した節約動画

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

(後追記)
節約生活をする際にも、情報入手が極めて重要になります。情報入手の方法を決めて、しっかりと情報が流れるところに自分を置いておきましょうね!

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!