不労所得を目指すFX

不労所得を目指すFX はじめに

FX(外国為替証拠金取引)について、これまでちゃんとした形で取り上げてきませんでした。

 

その理由は小資金ではじめることが出来るので、投資初心者が始めやすい一方でリスクもかなり大きくなってしまう場合があるからです。

 

不労所得を目的としたFX投資であっても方法を考えてFXに臨めば、全く問題ないのですが、投資初心者やトレード初心者にとってはそこが一番難しい。

 

因みに私も20代の頃にFXをはじめてすぐに失敗した経験がありますし、ヤクタも同じ。シンジさんも同様にはじめは失敗しています。

 

だから、当サイトでも資産運用大全とか、そのあたりの基本的な考え方のみをまずは充実させてから、株とかFXの内容を充実させた方がいいとの考えできました。

 

今もその考え方は正しいと思っています。

 

だから、資産運用大全を見ていない人は絶対にこちらをまずは見てから読み進めてください

資産運用大全

そうしないと、間違った印象を持たれてしまう場合があると思うので。

 

FX取引をはじめるに際して、証券会社の口座開設時に取引内容について理解しているのか確認するフェーズがオンライン上などでもあると思います。

 

あれは本当に必要なことなんですよね。

 

でも、多くの人が面倒だと思って、ちゃんと考えたりせず甘い確認になっていたりするんじゃないでしょうか。

 

まず言っておきたいことは、初心者でFXをはじめるという場合に、そんな姿勢であれば絶対に一度痛い目に合います。これは断言できます。

 

痛い目に合うということは大損を経験するということです。

 

しっかりと理解をした上で実際の取引に入っていきましょう。

 

 

FXは株よりもリスクが小さいと聞いたけれど・・・

FX投資初心者の人からたまに聞く言葉の一つ。

 

それが株よりはFXの方がリスクが小さいという内容のものです。

 

FXの方が株よりもリスクが小さいというのは、確かにそういう側面もあるし、実際に投資やトレードを経験した人にとってはFXの方が株よりもリスクをおさえることが出来ると私も思います。

 

ですが、あなたが投資やトレードの初心者であれば、あなたにとってそれは当てはまらないかもしれませんよ!

 

株のリスクが高い側面の一つとしては企業や企業の属す業界にとって悪いニュースが飛び込んできた時に、そのインパクトが大きいとストップ安といってその日には売る事すらできない状況に陥る場合があります。

 

もしかしたら翌日も売ることが出来ないかもしれません。

 

つまり、自分で売買タイミングがコントロール不能になるリスクが株にはあります。

 

FXではそれがありませんね。

 

市場が開いている限り、24時間いつでも売買可能です。

 

だから、FXの方が低リスクだと。

 

その点では確かにそうです。

 

ですが、資産運用大全でも取り上げた「リバレッジ」についてはFXの方が株よりも格段に大きくすることが可能です。

 

それはつまりリスクを格段に大きくして、大きなリターンを得る仕組みを採用することが可能ということです。

 

その程度は個人のその時々のトレードの仕方、投資の仕方で決まります。

 

つまり、リバレッジの取り扱い、これがトレード初心者、投資初心者、FX初心者のその後を決定します。

 

ですが、そのことに初心者はあまり意識がいきません。

 

リバレッジのことについて甘すぎることは、資金管理について甘すぎることに明確に表れてきます。

 

もちろん損切りなどのトレード基本動作についてもそうです。

 

だから、FXの初心者で投資も初心者さんであれば、基本的に敗北して終わりです。

 

そして、FXなんか、相場なんかもう2度とやらないと言って相場から退場していきます。

 

それが分かっているから、FXの詳細を取り上げることは一番最後にしました。

 

リバレッジの観点だけで考えれば、FXが最もリスクを高く取れてしまうのです。

 

スポンサーリンク


 

FXを含めはじめから相場で勝ち続ける力なんて絶対に持っていないです

一般的に普通に生活してきたような人であれば相場で勝ち続ける力なんて、絶対に持っていないと思った方がいいです。

 

あなたが仮に高学歴エリートであったとしても同様です。

 

逆にかなり特殊環境下で生きてきたような人の方が、相場をうまく取り扱う能力がはじめから備わっているように感じます。

 

かなり例外的な存在で、普通はいないです。

 

でも、普通の人ははじめから相場で勝ち続けることを夢見てしまう。

 

そもそも、その時点で敗北決定です。

 

残念ですが、プロは皆そう思っています。

 

ほらね!負けたでしょう!って。

 

だから、長々とこんなに書いています。

 

証券会社だって、だから口座開設時に長々と取引について理解しているのか確認しているのです。

 

トレードではじめから勝ち続けるなんて素人の力ではまず無理です。

 

この言葉を頭に叩き込んで、絶対に忘れないでください。

 

では素人はどうしたらいいのか?

 

それはプロに運用を任せるか、自分の腕を磨きたいなら、失ってもいい小資金でトレードをまずは実践勉強すべきです。それも長期間です。

 

ほんと、1年とかでもいいくらいです。

 

その位を普通にこなしていくような人じゃないと相場で勝ち続けるなんて人にはならない。

 

でも、逆に言えばそうやって相場感を身に付けて自分なりのトレード方法を身に付けていければプロレベルになるということだと思います。

 

そもそも、売ったり買ったりするだけの行為なのに、なぜそんなに難しいのかというとそこには明確な理由があります。

 

それを端的に言えば相場は力を持っている方に常に有利に働くからです。

 

その力は資金力であり、資金力は色々なパワーに代わって相場参加者に作用しています。

 

そういうことを実際のトレードを通じて肌で分かるようになることが重要です。

 

資金力も大してない、個人レベル。ただそれだけで弱小ではじめから不利な戦いをしている。

 

それにもかかわらず、準備もないままに夢を見て相場に入っていくFX初心者。

 

一時的に買ちが続くことがあったとしても、その後にどうなるかは分かるのです。

 

 

FXで勝ち続ける力をはじめから皆が持っていたら

FX初心者の夢見る気持ちをここでもまた壊すようなことを言うことになりますが、そもそもです!FXで勝ち続ける力を皆が持っていたら、皆が持っていなくても、半分とか3割とかそのくらいの人が持っていたら、それは相当スゴイ社会変化につながりますよ。

 

でも、実際にそんなことは起きてない。

 

つまり、トレードってそんな簡単なわけないということです。

 

勉強も準備もなく夢だけ見てもダメですよと、そういうことを再度念押ししておきます。

 

もちろん、非常に稀にはじめから勝ち続ける人もいるかもしれないです。

 

ですが、そういう人って本当に稀です。

 

自分がその稀な存在にあたる理由を明確に持っていないのであれば、やはりトレードではじめから勝ち続けるなんて夢は絶対に見ないで足元をちゃんと見て、地道に進むのが賢明です。

 

実践トレードについて、こちらを参考にしてください。
トレーダー伸二さんの部屋

 

不労所得としてのFX。スワップ金利で不労所得生活へ。

それでは本題のFXで不労所得生活の記事について書いていきたいと思います。

 

「不労所得生活について」でも少しだけ書いていたのですが、そのネタは、FXのスワップ金利を目的とした投資法です。

 

しかも、為替相場の値動きにあまり左右されずにリスクを抑えた投資法になります。

 

毎日スワップ金利が蓄積してお金持ちコースというやつです。

 

具体的には2つの通貨ペアを組み合わせて値動きリスクを低下させた上で、スワップ金利の収入を長期継続して得る形になります。

 

その通貨ペアは長期的に正反対の値動きをして、かつ合算プラスでスワップ金利を得ることが大前提の投資になります。

 

簡単に言うと、二つ違う買い方をして、その二つが反対の値動きをすれば値動きリスクがないでしょうということです。

 

もっと簡単に例えます。

 

FXでは売り買い両方からポジションを持つことが出来ますが、同じ為替レートで買いと売りを同じ枚数同時に藻てば値動きリスクは無くなります。

 

でも、同じ為替レートでやったらスワップ金利をプラスで受け取ることが出来ません。

 

だから、二つの違うレートを組み合わせて出来る限り値動きリスクを軽減しつつ、さらにスワップ金利をプラスで受け取ってしまおう!という話です。

 

そもそも、その貰えるスワップ金利(スワップポイント)とは何なの?という疑問があるかもしれませんが、スワップ金利は日本円のような低金利通貨を売って高金利通貨を買った場合に毎日貰うことが出来る調整金利分のお金です。

 

また、為替レートの相関データについて、以下の情報などを参考にしてください。
http://zai.diamond.jp/articles/-/197775

 

こういう感じで相関データを捉えてスワップ金利目的の長期投資がFXで不労所得を得るには一番です。

 

スポンサーリンク


スワップ金利目的のトルコリラ高金利通貨投資には特に注意

トルコリラなどの高金利通貨って魅力ありますよね。

 

スワップ金利の毎日入ってくる金額にビックリするんじゃないでしょうか。一日でこれかと。

 

日本の銀行に預けている金利感覚からすれば、本当に驚きます。

 

それで、リスクヘッジせずにこの高金利通貨だけを持ってしまうことになる人が多いです。

 

チャート分析の点からも、もうこれ以上はあり得ないという程度まで価格が下がっているし、国自体もこれ以上の通貨安は避けたいとの思惑が見えるので、今が底値圏だという人たちが当然出てきます。

 

そんな話を聞いてからもう何年経つでしょうか。

 

下手すると半値以下とか、もっと早めにエントリーした人なら3分の1くらいまで価格が下落しています。

 

これにリバレッジなんかかけてたらどうなるか分かりますよね。

 

そもそも現物取引レベル、リバレッジ1倍でもかなり痛い状況、退場と同レベルになっているはずです。

 

スワップ金利があるから大丈夫だなんてことはありません。

 

資金管理が・・・という話でもないです。

 

もし、スワップ金利目的で一つの為替レートに絞るのであれば、ファンダが分かっていることが大前提です。

 

スワップ金利目的で高金利為替レート単体で勝負することを推奨している方々というのはチャート分析をメインで取引をされている方々で、ファンダはニュースとか旅行などで補っている程度です。

 

経済のことはニュース知識程度であまり詳しくないことが多いです。

 

だから、一時的に当たることはあっても、ずっとはないです。

 

ここ数年でトルコリラで痛い目にあった人たちは分かったと思いますが、チャートでやるなら、ド短期とかスイングで入るべきで長期投資ではエントリタイミングなどの参考程度にとどめるべきです。

 

だから、スワップ金利目的の長期投資もやり方を間違うとただのギャンブルになってしまいます。

 

チャートも所詮は予想の領域にあるからです。

 

だからチャート分析だけで長期投資を行うこと自体が間違いです。

 

 

FXの自動売買やAIの話題について

10年位前、FXの自動売買というとまだ怪しい印象がかなりありました。

 

実際にかなり怪しい人も多かったと思います。

 

でも、システム基盤も整ってきてかなり変わってきましたね。

 

そこにさらにAIなんかも組み合わされて、信頼性も高くなってきました。

 

ロボアドバイザーなんかのサービスも国内で出てきている状態なので、昔とは本当に変わりました。

 

実際に、今後はこういう時代になると思います。

 

AIに学習させて勝手にトレードしてくれるのが本当にベスト!です。

 

今までの流れを知っている人は、投資におけるこの領域をまだ受け入れられない人も多いと思いますが、そういった人たちまで含めて相場参加者の実際の姿が今後一気に変わっていくはずです。

 

基本的に売ったり買ったりはロボットの方が素早く出来るのは当たり前ですし、オペミスもないですし、向いていると思います。

 

ですが!!!

 

絶対に注意しないといけないことがあります!

 

それは何かしら人為的な操作を自分とAI以外の誰かが行わないかどうかです。

 

もちろんAIの設定も含めてです。

 

自分が主体になれないAI活用ならそれは基本的に投資活動として避けるべきです。

 

 

FXから入って経済の勉強はオススメ。注意点あり。

FXをはじめた人にオススメしたいことは経済の勉強です。

 

経済の視点を養っておくと本当に色々なことが見えてくると思います。

 

勉強するといっても、ちょっと勉強するというレベルじゃないです。

 

本当にガッツリ勉強することをオススメします。

 

一冊の基本的な本をしっかりと読んだら、後は本やで立ち読みで全部読む。

 

そういう感じの勉強をオススメします。

 

経済周辺の学者さんというのは、見解が大きく分かれている場合が多く、しかも、ある時はこっちにも理があるし、一方である時はこっちにも理があるといったようにキレイに、こっちがダメ、あっちはOKみたいに分かれません。

 

だから基本書から入った後、その後に色々な見解本は全部読んでおく。

 

片っ端から読み込むことです。

 

そこに一筋の道が見えてくると思います。

 

それが経済の裏側、真実の世界です。

 

なぜ経済の勉強をした方がいいかと言っているかと言えば、この世界を知るためです。

 

だから、経済学者がああだこうだ言っていることは大した問題じゃないです。

 

その背後を学ぶべきということです。

 

そのためには少量のインプットじゃダメで大量に必要になるということです。

 

スポンサーリンク


 

資金力のある人がファンダ知識にスワップ金利目的の投資を組み合わせればヌルゲー。お金が増えて困るレベルになる。

FXのスワップ金利目的の投資はハッキリ言ってズルいなーという投資法です。

 

私の知識に大量の資金をかけ合わせれば、もうこれヌルゲーすぎるじゃん!って思うからです。

 

もちろん、そこに至るまでには経験を積んでリスクなどもちゃんとコントロール出来るようになっている必要があるし、そもそも動かせるお金が大量に必要ですが、それにしてもこれはいいな、ヌルゲーだよねっていうのがスワップ金利で不労所得を得る方法です。

 

資金力のある人が断然有利だよねって感じる投資のトップにあるんじゃないでしょうかね。

 

何と言ってもやることは単に画面でポチッ!とするだけですからねぇ。

 

それが元手の大きさ次第でスゴイ大きな力を生む。

 

これが資本主義最強の攻略メソッドだと思います。

 

だから、これを不労所得大全から外すことはあり得ないですね。

 

実際にはお金がかなりないと使いにくいことも事実ですが、こういう世界が実際にあるんだーと知っておくことが大切だと思います。

 

胡散臭さもなく、そんなに簡単にお金って手に入るようになっているのかよって。日常でお金を得ることは難しく、みんな労働をせずに生きていけないわけですが、現実としてそういう世界ではない世界も実在すると知っておくことは、世界をかけ上げるマインドになるんじゃないでしょうか。

 

 

お金持ちマインドのFX投資から学ぶこと

自分の総資産額の中でFXにあてる金額はどの位でしょうか?

 

勝利者マインドのまま相場を続けたいなら、この割合をお金持ちに出来るだけ近付けることです。

 

つまり、そんなに投じたらダメってことです。

 

気になって仕方なくなるし、一喜一憂することになるからです。

 

だから、資金の少ないうちはそもそも貯金に専念した方がいいです。

 

節約に専念、稼ぐことに専念。

 

それである程度のお金が出てきてから、かなり少額から始めるのがベストです。

 

少額である意味は損失を限定して学ぶということの他にお金持ちマインドでFXに接するという意味も込められています。

 

だから、絶対に少額から始めましょう。

 

一喜一憂したり、気になって仕方なくなり始めたら、負けが近づいています。

 

不労所得を目指す点でも、基本的な考え方を守ってさえいれば、気になって仕方なくなることはないし、一喜一憂することもないはずです。

 

つまり、こうなったら何かを守っていないと思います。

 

それは敗北が近づいていることを意味しています。

 

 

FXでおさえておきたいテクニカルツールはフィボナッチ

FXと長期視点で接して不労所得を考えるにせよ、短期中期のトレードをするにせよ、デイトレードをするにせよ、知っておいた方が良いと思うテクニカル指標の頂点、それがフィボナッチ(フィボナッチ・リトレースメント)です。

 

フィボナッチはよく使われているツールであるためか、しっかり機能していることが非常に多いです。

 

だから、フィボナッチだけは知っておいた方が良いと思います。

 

それでは具体的にフィボナッチはどんなことに使われているのかという点ですが、それは相場の反転ポイントの予想です。

 

フィボナッチから予想できる反転ポイントが幾つか出てきますが、その反転ポイントを抜けたら、次の反転ポイントを目指すだろうという予想がかなり多くなる。

 

そうではなく、実際に反転したら、そこは押し目買いとか戻り売りポイントとして魅力的だという予想がかなり多くなる。

 

相場参加者の多くがこのように思っているためか、実際にフィボナッチが導き出すポイントが機能してチャートが描かれていることが大変多いです。

 

特に中期、長期チャートではほとんどがこの通りと言ってもいいくらいです。

 

チャートへの具体的な適用方法ですが、各チャート画面上で描かれているチャートの高値を上限そして安値を下限としてフィボナッチ(フィボナッチ・リトレースメント)を適用します。

 

この高値と安値の間にフィボナッチ比率を適用して算出されるポイントに注目するわけですが、投資家の具体的な操作としては各証券会社が用意しているテクニカルツールをドラッグ&ドロップしてチャート上に適用します。(各チャート上の高値を上限そして安値を下限として適用します。)

 

使ったことがない人は一度チェックすることをオススメします。

 

因みにフィボナッチはFXだけでなく株やNK先物など色々な相場環境でもよく利用されています。

 

長期投資で不労所得目的の投資だという人は関係ないと思うかもしれませんが、ファンダが見えているような人であれば、テクニカルツールとの組み合わせでポジションを一時的に少しだけ軽くしておきたいといったこともあると思います。

 

そういった時にも使えますし、新規で資金を入れるときや決済する時の参考にもなりますので是非一度チェックされると良いと思います。

 

最後に注意点ですが、フィボナッチはかなり使えると私も本当に思っていますが、基本的に予想の範囲を超えることはないです。つまり信じすぎてもダメだと思います。

 

ですから、参考にしつつも資金管理を怠ることなく堅実な投資は維持できないといけません。

 

最後にひっくり返すようなことを言いましたが、それでもフィボナッチの有効性は今後も消えることはないと思っています。

 

参考になれば幸いです。

 

(後追記)
最近急激に人気が出て評判の良い教材を以下でまとめています。参考にしてください。
オススメ人気急上昇中のネット教材