不労所得 ネットにおける情報収集

 
スポンサーリンク
 

この不労所得ブログには以下のコンテンツがあります。

 

アフィリエイト、SEO研究、サイトアフィリ関連ツール情報、ネット業界人ランキング、情報商材に関する啓発コンテンツ、不労所得生活の概要把握コンテンツ、不労所得の作り方、環境と習慣を向上させるための情報、不労所得生活を支える防犯対策、株主優待検索、不動産投資・節電(太陽光発電)情報データーベース、婚活情報データーベース、保険の見直しデーターベース、カード情報データーベース、お金を借りる方法データーベース、留学・通信制高校データーベース、格安航空券データーベースなど。

 

不労所得に関連する情報を多方面にわたり取り上げて情報発信しています。

 

これらのコンテンツに共通すること。

 

それは、ネット上に最も多くの情報が集積されているということです。

 

今後、全ての情報がインターネット上に展開されると考えるのは、ネットに対して少し期待を持ちすぎだと思いますが、その一方でインターネットには膨大な情報が集積され続けており、今後もこの情報集積は加速していくと思っています。

 

このことから、効率的な情報収集能力が大きな意味を持ってくると考えています。

 

ネット上に流れる情報のほとんどが見るべき価値がないようなものであると考えられるため、情報を選別して抽出する能力は、人生に大きな利益をもたらすことになるはずです。

 

今回取り上げたかった不労所得は、この情報収集ノウハウについてです。

 

これを確立することが出来れば、それ自体が不労所得的なものだと言えるのではないでしょうか。

 

情報収集作業を効率化した上で、重要な情報を見逃さずにキャッチすることが出来るような仕組みを構築する必要がありますね。

 

情報収集の具体的な方法は、それぞれに利用しているスマホやパソコン、タブレット、SNSや、日常的に接する情報量や情報種類によっても大きく異なってくると思います。

 

よって、この具体的な内容について詳細コンテンツを作ろうとは今のところ考えていませんが、大切なことは、それぞれ個々で効率的な情報収集をするための方法を確立しておくことだと思います。

 

一度、時間を取って情報収集の効率化を図ってみましょう!

 

この効率化により、非常に大きな時間的不労所得を得ることが出来るかもしれません!!

 

時間はお金を超える価値がありますね。

 

そうであるなら、最優先で行うべきことになるはずです!!

 

ネットを自分から利用する際の効率化だけではなく、ネットを通じて入ってくるメルマガ等についても、無駄なものがあればブロックして、迷惑メールフォルダ行きの設定にしておきましょう。

 

不労所得生活を目標に活動していくのであれば、ここに関連したメルマガに出来る限り限定してメールをチェックしていくべきだと思います。

 

有名な人のメルマガだろうが、全く収益化の趣向が異なる人のメルマガ(最終的に趣向が合わないセールスがあるメルマガ)を読んでいても、自分の仕組み構築には役立ちにくいでしょう。

 

このような人だけではなく、まだサラリーマンで頑張っていますという人のメルマガや全く参考にならないといつも感じる人のメルマガなどもカットして、効率的な情報収集化を進めていくべきです。

 

時間がそもそも足りないと言っているにもかかわらず、このような人のメルマガを読む人たちも多いのではないでしょうか。不労所得生活の実現に向けた足かせにしかならないので、すぐにカットしましょう。

 

迷惑メールフォルダに入れておけば、復活させたいと思った時に復活させることが出来るので、しっかり情報収集先を絞っていきましょう。

 

さらに、その上で情報収集先を増やしていくという2つの行動を常に行っていくことが大切ではないかと思います!!

 

そうすれば、気が付いたときには自分にとって重要な情報のみが集まってくることになるのではないでしょうか。さらにこのカットを続けていくことで、ビジネスのカット力、人を見分ける力、ビジネスマインドも高くなっていることが期待できます!!

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 


 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!