リンク否認ツールについて 一歩先行くSEO対策

 
スポンサーリンク
 

 

スパム的なリンクが自分のサイトに貼られている場合、圏外に飛ばされていなくても、検索順位の引き下げにつながっているかもしれません。

 

将来を見通した場合に、グーグルは今後、改善を進めていくと思われますが、その一方で、今の時点ではこの点に関して改善が難しいということも言える状況だと思います。

 

つまり、残念なことですが、現状では外部からのリンク引き下げ効果に対処が必要な状況が残されているということになります。

 

この対処をサポートするツールが、グーグルから提供されています。

 

リンク否認ツールです!

 

ウェブマスターツールの一つとして存在しています。
https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

リンク否認ツールの利用方法や、詳細については、こちらのサイトを参考にすることをオススメします!
http://seolaboratory.jp/external/2015121819682.php

 

こちらも是非、活用していきましょう。


 

否認する対象のリンクですが、あまりにも関連性が無いサイトからの不自然なリンクや、自動ツールで収集してリンクしたと思われるものなど、実際にどのようにリンクされているかをチェックして、不自然なものは否認するようにしましょう!!

 

ただし、海外の強いサイトなどでトラフィック測定の対象とされているために存在するリンクもありますので、こういったことを判断するためにドメインを調査しましょう。

 

ドメインの強さを参考すれば良いかと思います。

 

ドメインの強さについては、SEOチェキ等を利用してドメインチェックを行いましょう!

SEOチェキ!
SEOチェキ!で表示される「Alexa traffic rank」や「ドメイン取得年月日」、ソーシャルサイトにおける拡散状態などを参考にしましょう!

 

それから、実際のリンク元ページの確認方法ですが、ウェブマスターツールの「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」→「最も多くリンクされているコンテンツ」と進んで、この部分の【詳細>>】をクリックしてください。

 

表示された自サイトのページ一覧から、対象のページリンクを押下することでリンク元のドメインリンクが表示されます。

 

このドメインリンクをクリックすることで、自分のサイトへリンクを送っている実際のページURLを確認することが可能ですが・・・自分でも分からない不明なURLの場合、このURLリンク押下はしない方がよいです!!

 

はじめに、怪しいサイト、怪しいページではないかチェックし、否認するかどうかの判断を行いましょう!

怪しいかどうかのチェックには、以下のサイトを利用しましょう!
http://aguse.jp

ドメインを入力して「調べる」を押下して、少々待っていると、ブラックリストの対象になっているかどうかについての情報を出力してくれています!!

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!