ラクマで出品を始める際の注意点。傾向と対策。

ラクマ出品の注意点

ヤフオクやメルカリを使っているうちに、そろそろラクマでも出品しようかな?と思うようになると思います。

 

ラクマにもメリットが確実にありますからねぇ。

 

販売手数料が安い!これですよね。

 

一方、デメリットはヤフオクやメルカリに比べると、利用者数が少ない。

 

ですが、ラクマにも匿名配送が追加されたことで、匿名ユーザーがかなり増えてきている感じがします。

 

プライバシーが守られる匿名取引なら使いたいという人がやっぱりかなりいたようですね。

 

その人たちの多くが、ヤフオクやメルカリといった別のフリマで既に出品経験を持つ人たちで全くのフリマアプリ初心者から、ラクマを始めました!という人は少数派になると思います。

 

だから、みんな「サブ」みたいな感じでラクマ出品を始める人が多いような気がします。

 

そこに、わきの甘さが生じやすいので注意です。

 

ラクマでも利用規約に違反するなどしてアカウントが凍結されてしまった場合にはかなり面倒なことになります。

 

無期限凍結や強制退会処分のような対処まであるのでアプリ利用は慎重に進めていきましょう。

 

ヤフオクではアカウントをいくつも持てますが、ラクマで禁止行為に該当します。

 

禁止行為指定の数は多いですが、ラクマサイトでまとめられています。

 

一度はチェックしておきましょう。
https://rakuma.rakuten.co.jp/guide/web/usage/terms/prohibited_action.html

一つのアカウント運用のみ許可されているため、強制退会処分になった場合には、再登録の際に、登録している携帯電話番号や振込先口座なども別に用意が必要です。

 

これに対処するのは滅茶苦茶めんどくさいと思います。

 

そもそも、一人暮らしの人であれば、他の携帯は持っていないという人も多いと思います。

 

なので、はじめから丁寧にアカウント運用を進めましょう。

 

そもそも、無期限凍結とか強制退会とか普通に運用をしていればないと思いますが、例えば同じ商品を大量に出品していたり、手元にない商品を出品していたり、別の出品者を誹謗中傷するようなことを商品説明に書いていたりする行為は、何らかのきっかけで、やってしまいがちなのかもしれません。

 

販売方法や広告方法について他の人のマネをしたとか、そういうこともあると思います。

 

ですが、禁止行為を意識してさえいれば、やらないことでもあると思います。

 

ですので、常に禁止行為があることは意識してラクマを利用していきましょう。

 

他の人の商品宣伝文を見た時に禁止行為に該当するか、しないかの判断を付けられるようにしておきたいですね。

 

使っていくうちに、これはさすがに禁止行為には当たらないよね!ということも他の人の出品動向などから確認できることがあると思います。

 

たとえば、果物とかお米は、どう考えて一つだけの出品という方が不自然ですからね。

 

幾つも出品されているのが普通だと思いますし、それで全然問題は出てないですね。

 

同じ商品をいくつも出して利用制限がかかった人は、数の点で問題が大きかったのではないかと思います。

 

同じ商品を50個100個とか、200個とか出品されたら、他の利用ユーザーの視点で考えてもフリマを運営しているラクマの視点で考えても不快だと思います。

 

そういうレベルのことだと思いますね。他の利用者に不快を与える行為をしないということです。

 

それから、持っている商品在庫数によっても、ラクマの利用方法やラクマでの戦略は違ってきそうです。

 

ヤフオク、メルカリからのラクマ進出は、在庫数がカギになるかもしれません。




ヤフオクやメルカリなど、別のサイトで出品しているものを2重で出品するのも、もちろんダメ

 

これをやると作業コスト面でのロスも大きくなります。そもそも禁止行為ですしね。

 

だから、在庫数を増やす!という方向で対策すべきです。

 

ですが、少しずつ始めた方が良いと私は思っています。

 

なぜかというと、出品者側がヤフオクやメルカリからラクマに流れてくるとして、購入者側も同じなのでは?ということです。

 

で、この可能性がかなりあります。

 

そうなると、ラクマ利用で商圏を広げたと思ったら、実際には新たな購入者獲得という点で、あまり意味を持っていなかった!ということが可能性としては想定されます。

 

もし、これが現実味を帯びるようなことになれば、ラクマ利用は効率が悪いですよね。

 

このあたりは少しずつ出品して見極めていくしかなさそうです。

 

商品の種類によっても、違いがあるのかもしれません。

 

ヤフオクで利用制限対象になって購入できなかったり、メルカリも使えなくなっているような人を想定すると、ラクマに出品されているなら、買いたい!というケースはあるかもしれません。

 

そうなると、評価面で心配になりますが、一方で新規顧客を獲得するチャンスもあることになります。

 

それから、ヤフオクもメルカリもあまり好きじゃないけど、楽天ファンだからラクマなら登録して使ってみてもいいかな!なんて人もいるかもしれません。

 

また、楽天が携帯電話事業に乗り出しているように、楽天経済圏が順調に拡大を続けています。

 

楽天経済圏を使っている人は多いので、ラクマでの匿名取引需要も伸びていくことが予想されます。

 

よって、今後に向けて早急に判断を下さずに少しずつ大切に使いたいところです。

 

それから、特に匿名取引、匿名配送をメインに使いたいというユーザーであれば、ラクマでも評価が極めて大切です。

 

評価次第で大きな違いが出てくると思います。

 

ヤフオクであれば、海外ユーザーからも代行業者を通じて買い付け対象になるように、評価結果によって集客も全然違ってきます。

 

良い評価を継続的に得ていくためには、ちゃんとしたことを続けないといけないし、当然、利用規約は守らないといけない。

 

このように逆算していくと、「サブでやる」感覚は捨てた方がいいです。

 

ラクマはラクマで独立してやる。

 

一からやり直すつもりでやる。

 

この姿勢が大切と思います。

 

以下、ラクマで出品する際の注意点などをまとめておきます。

  • 禁止行為で利用規約違反になり、強制退会などになったら、ラクマでの復活は困難。はじめから丁寧にアカウントを運用しよう!
  • ラクマが明示している禁止行為には必ず一度は目を通そう!
  • 他のユーザーが不快に感じることは絶対にしないように!同一商品を大量出品したり、誹謗中傷を含む宣伝文などをアップしてしまわないように注意しよう!
  • 他サイトで出品している商品の2重出品はしないように!
  • ラクマも評価が大切。ヤフオク、メルカリ経験者も一からやり直すつもりで対応しよう!

 

関連記事:ゆうプリタッチの伝票はどっちが切るの?匿名配送の課題について
関連記事:ヤフオクの再出品がめんどくさい!アップツールはスグに使えて楽ラクです
関連記事:ゆうプリタッチの電源が入っていない理由
関連記事:ヤフオク、メルカリ、ラクマの匿名配送が匿名個人を不労所得生活へ導く

 

最近急激に人気が出て評判の良い教材をまとめています。
オススメ人気急上昇中のネット教材