ヤフオク出品者へ告ぐ!匿名配送を今すぐに活用せよ!

ヤフオクの匿名取引

ヤフオクで3000円の商品を1000円で買った話

先日、ヤフオクから割引クーポンをもらいました。

 

半額クーポン、最大で1500円まで割引!ってやつです。

 

何に使おうか迷っていたのですが、3000円の商品を購入しました。

 

これが半額ですので、1500円。マックス割引で活用しました。

 

それから、ヤフオク取引によって自動で貯まっていたTポイントが500円以上あったので、これを重ねて使って購入金額はなんと1000円以下に!

 

これって、スゴイですよね。

 

ヤフオク利用で勝手に貯まっていくTポイントは期間限定で順次減ってしまい、使うこともなかったのですが、これも併せて消費できました。

 

棚ぼた感がスゴイ!

 

3000円の新品商品が1000円以下ですからね。

 

どのような基準でこのクーポンを配布しているのかは謎ですが、ヤフオク利用がある程度多かったということもあるようです。

 

システム手数料でかなりの金額を払っているはずなので、そのほんの一部を戻してくれたという感じでしょうか。

 

それにしても、予期していないクーポン配布は本当に得した感が出てきます。

 

ヤフオクもうまくやっているなって感じです。

 

そういえばメルカリでも半額クーポンをもらったことがあります。割引キャンペーンもたまにやってますね。(ラクマはまだ利用回数自体が少ないので未経験です。)

 

この時に、私の匿名取引アカウントに対してクーポンが配布されるわけで、匿名取引を活用している出品者は、購入先も匿名ユーザーになるわけです!

 

この件を以前も書いたことがありますが、今はまだあまり認知が進んでいなくてヤフオクシステムも、匿名配送の出品物に絞って検索とかはできません。

 

出来ることは検索窓に「匿名」といったワードを追加して検索する程度。

 

これだとタイトルに匿名というワードを入れている人しかデータを抽出できないので不便な状況もあるのですが、それでも匿名ユーザーは他の匿名出品者を探し出すわけです。

 

それで買ってくれる。

 

半額クーポンなんて配られたら、ヤフオクではかなりの割合でクーポン利用されることになるはずです。

 

絶対に必要なものが、どこよりも安く買えるわけですからねぇ。

 

絶対に使うモノ、消費するモノってありますよね。

 

そういうモノを取り扱っている人は、出来るだけ匿名配送でも出品しておいた方がいいです。

 

個人だと匿名配送を活用している人が多いので、この個人にクーポンが配られたら、この個人を意識している出品者だけに匿名ユーザーの注文が集中することになります。

 

実際に集中している感じがします。

 

逆に、匿名を無視しているとその注文を全く受けられない。

 

ヤフオクがサービスで出しているようなマネーフローに乗れないってことになります。

 

だから早く!って感じです。

 

匿名取引については以下を参考にして頂ければと思います。

関連記事:ヤフオク、メルカリ、ラクマの匿名配送が匿名個人を不労所得生活へ導く

 

ヤフオクの棚ぼたクーポンが意味すること

ヤフオクって何でもあります。

 

匿名配送を使って出品されている商品にはまだ不足感がかなりあって、そもそも匿名配送指定して出品している商品を探すのも今は大変な感じですが、それでもヤフオクには何でもあります。

 

つまり、人が常に買うようなモノは、何かが引っかかってきます。

 

色々な販売者が集っています。

 

そういう環境なので、ヤフオクの半額クーポンは購入者にとって必ず得になるように使えることが多いってことです。

 

これはヤフオクの取引全体量が絶対に増加するということです。

 

つまり、出品者としても落札者としてもヤフオク依存度が高まるようなサイクルが生み出されているということ。

 

半額クーポンだけでなく、期間限定で普段は消滅していたようなTポイントまで活用できるので、さらに依存性が高まります。

 

お得感のダブルパンチ状態。

 

この感じは、まだまだ続くはずです。

 

なぜなら、ヤフオクとしてはストア出店ではない人から1%ほど多めにシステム手数料を抜いているのです。

 

この1%にもならない金額をうまく回しているだけで、余裕感ありありです。

 

それで取引数も増加して、ヤフオク参加者が増加していけばヤフオクはさらに影響力を増していくはずです。

 

実際にヤフオクは集客が強いなぁ・・・と感じます。

 

ヤフオクには海外ユーザーの目も向けられています。

 

以前、取り上げたBuyeeさんがそれを示しています。

 

この点がメルカリとかラクマとは、違うポイントですね。

 

「勢い」。これを今のヤフオクに強く感じます。

 

商売は勢いが大切、人気が大切です。

 

プラットフォームの話でもありますが、匿名配送利用をするか、しないかでも違ってくる話だと思います。

 

ヤフオクと楽天にはつながりがある理由

ヤフオクで売上確定された後、入金処理されますが、この入金先が楽天銀行でも振り込んでくれます。

 

これは使えます。

 

楽天で普段買い物をしないといけない人たちにとっては、非常に大きなメリット。

 

それから、仕入れを楽天で行っている人は、売上金額を楽天銀行に直接振り込んで欲しいはずです。

 

で、実際にヤフオクから楽天銀行に振り込んでくれるわけで、何だかんだ言ってヤフーと楽天はつながっている感じです。

 

ヤフー側で買った買い物もヤフーのクレカを使って、その引き落とし口座は楽天銀行。

 

この二つとも私は併用していますが、かなり便利です。

 

ヤフオクが直接、楽天銀行に入金してくれる価値は本当に大きい。

 

楽天銀行から中国の買付け業者にお金を振り込むこともしているわけで、つながりを閉ざしていないヤフオクも楽天も、個人のネット民にとって活用価値が掛け算で最大化されている感じがします。

 

個人的にはラクマ利用がまだ少ないので、さらに掛け合わせていきたいと思っています。

 

この点はまだまだこれからです。

関連記事:ヤフオク・メルカリ・ラクマ、DQNを避ける方法
関連記事:Buyee(バイイー)は何者なのか?