ヤフオクとメルカリ、どっちがいいのか?

 
スポンサーリンク
 

メルカリ上場の話題から、ふと気になったことがありました。

 

それは、ヤフオクとメルカリって、どっちがいいのかという点。

 

将来性はどちらの方が上なのでしょうか?

 

私はヤフオクもメルカリも利用したことが無かったので調査してみました。

 

不労所得マニアの結論から言えば、本気でガッツリと販売ルートとして活用したい人であれば、圧倒的にヤフオクの方が良いなという印象です。

 

でも、家にあるものなどを簡単に処分したいときにはスピード感もあり、スマホ利用がメインのメルカリという印象です。

 

メルカリはスマホでの使用感が良いのですが、PCは全然ダメだと思います。事業化規模の数量を想定すると、たぶんメルカリは色々面倒になりそうです。

 

ですので、実際に事業化して不労所得を目指そうとする人であれば、ヤフオクだと思います。

 

でも、販売戦略としてメルカリとヤフオクの両方を活用して商品をアピールした方が良いかもしれません。

 

購入者には、メルカリとヤフオクの両方の商品をチェックする人が多いそうです。

 

メルカリでは少し割高感があるけど、ヤフオクだとお得に感じる価格設定で出品されていることが多いためヤフオクでの売れ行きにプラス効果が期待できるようです。

 

手数料まわりについては、はっきり言って大差ないなという印象。

 

ヤフオクは月額利用料がありますが、500円未満ですし、今は半年間は無料にしているので、始めやすさという点でも大差ないと思います。

 

別に販売手数料がありますが、ヤフオクが、「8.64%」。

 

メルカリが「10%」です。

 

送料については、匿名配送にした場合にメルカリのゆうゆうメルカリ便(175円)と同等配送の比較をするとヤフオクではこれがゆうパケット(おてがる版)(205円)であり、これはメルカリにお得感あり。

 

販売手数料と送料を合わせて、さらに6か月後にヤフオクで月額498円の利用料を考えても、やっぱり「大差ない」との結論に。

 

この程度であれば、利用目的に応じてメイン使用する方を選んだ方が良いと思います。

 

ガッツリ副業から本業へということを見込んでいるなら、メインはヤフオクでメルカリは販売ルールを担保しておくくらいに思っていても良いかもしれません。

 

そもそも、メルカリをPCで使おうとすると本当に使いにくですよ。

 

PCだと現状では「匿名配送」だけができない仕様になっているので、それを出来るように仮想スマホ環境をPC端末内にインストールして動かしました。

 

それに、PCで画像をアップすると画像変換処理が掛かっているためか、画像がイケてない状態に。

 

これだけを対応するためにワザワザ、スマホで対応するという始末。

 

システムの成熟度で言えば、ヤフオクが全然上という印象です。今のところ。

 

でも、スマホでの扱いやすさと、出品から販売までのスピード感という点ではメルカリの方が上かなという印象ですね。

 

将来性の期待値の大きさという点でも、スマホから使用感を向上させるであろうメルカリになるかなと始めは思ったのですが、利用者層を見ると、何だかヤフオクの方が品がある感じがしました。

 

メルカリは値下げ交渉も活発なようで、個人単位での細かなやり取りをしたいニーズに合わせているようです。

 

これは副業型から本業型の転売を目論む人にとっては、方向性が違うように感じます。

 

だから、「不労所得マニア」が考える将来性という点では、やはり「ヤフオク」が上です!!

 

 

 

ヤフオクにはオークション形式だけではなく、「フリマ出品」というものがあります。

 

この「フリマ出品」は無料会員でも始めることが出来ますが、この場合には手数料が少し割高になります。

 

メルカリと同等の手数料になっていますね。

 

ですが、メルカリとは異なり、開催期間があります。

 

この条件下で、メルカリをメイン利用している人が、ヤフープレミアム会員よりも割高な利用料を支払って、「フリマ出品」をしますかねぇ~。

はじめは試すかもしれませんが、アクセス数の点から考えても、継続利用される方は割合として少ない気がします。

 

「フリマ出品」はヤフオクをメイン利用している人を想定して作られた新機能と考えた方がよさそう。

 

そうであれば、ヤフオク(オークション機能)出品をしている人はフリマ出品も同時にすると良いかもしれませんね。

 

・・・。

 

でも、ヤフオク(オークション機能)出品には「即決価格」がありますよね・・・。

 

それを踏まえて考えると、「フリマ出品」はメルカリにあるようなスピード感を求めて作ったのかな?

 

「即決価格」がある中で、これだけではないよね。

 

まだメルカリも使っていない新規ユーザーの獲得が目的といったところでしょうかね。

 

メルカリとのシェア争いを感じますね。

 

でも、結局はメルカリ VS ヤフオク(オークション機能) に落ち着く気がします。

 

「フリマ出品はあんまり意味ない」みたいな主張をネットの意見でも見かけましたが、おおむね、私も同意見です。

 

フリマ出品ではなく、別の角度からヤフオクの魅力を高めることに専念して欲しいなと思いますね。

 

マーケティング支援の無料機能拡充でとか、WEBとの連携サービスとか、色々と面白いことが出来ると思うのですがねぇ。

 

今後が楽しみです。

 

さてさて、せっかくヤフオクもメルカリも知ったことだし、実際に何か仕入れて売ってみようかな。

 

(後追記)

ヤフオクとメルカリを使って、実際に家でしまい込んでいたものを売ってみました!

 

結果として、メルカリもヤフオクも同じように売れました!特に集客力に差を感じません。

 

価格設定をどうするかで売れ行きがかなり違ってきそうです。本業でされるメルカリやヤフオクを利用する際には価格設定をしっかりと見極めることが大切になりそうです。

 

基本的に回転を良くするために、出来るだけ価格を安くすることを意識した方が良いと思います!

 

それから、この純利計算など、エクセルなどを使ってすぐにチェックできるようにしておくと良いと思いました!

 

以上、実際に体験した結果分かったことです。結構、簡単に売れます。これ、本事業に出来るかも(笑)。

 

(後追記2)
楽天が提供する「ラクマ」というフリマもあるようですが、こちらはまだ【匿名配送】に対応していないですね。現状では少し出遅れている感じがしますが、もし楽天も同様のサービスを提供可能になった場合、さらに個人取引が活発化すると思います。

副業時代を見据えて、メルカリ、ヤフオク、ラクマのこの3つはセットで注目しておいた方が良さそうですね!

 

(後追記3)

楽天のラクマにも匿名配送が既に整っていたようです!!私のチェックしていた情報が間違っていました!!楽天のラクマでも匿名配送を使った販売が可能になったとのことで、これは個人取引が激増しそうですね!!!

 

 

(後追記4)

ヤフオクとメルカリのテストを続けましたが、ヤフオクの方が売れやすいようです!

 

その理由は価格設定がヤフオクの方が良心的なものになることがあるようです。

 

メルカリでは送料込みの値段で出品することが推奨されていますが、これをすると確かに分かりやいのですが、送料込みの金額に10%のシステム利用料が取られるため、確保する純利を計算して価格設定すると、どうしてもヤフオクより少し高い金額設定になります。

 

さらに、メルカリの場合、匿名配送において送料込みの価格設定しか選択できないですね。このシステムだと、ヤフオクの方がさらに人気が出てくると思います!

 

 

(後追記5)
メルカリは値引き交渉が頻繁に発生します。この時に結構時間を使うことがあります。返信しても回答を全くしない人もいますね。

 

素早いコミュニケーションが出来ることもあれば、そうではない時もあります。値引き交渉を求められたときに、交渉経過はあまり公開したくないですよね。

 

これを公開されているエリアでやり取りをする以上、早めにレスポンスを返してほしいものですが、相手によっては待たされます。

 

だから、メルカリは少し時間コストもかかる印象です。そこに楽しさを感じることもありますけどね(笑)。自分が購入者になった場合、出品者の方を待たせないように気を付けたいですね。

 

関連記事:資産運用大全
関連記事:節約大全
関連記事:環境と習慣からの不労所得

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!