メルカリがしんどい!ゆうゆうメルカリ便がPCで使えない件

メルカリがシンドイ

ヤフオクに比べるとメルカリって、しんどい!

 

今日はこの件です。

 

それが「ゆうゆうメルカリ便」をPCで選択できない!って件ですね。

 

これは本当になんでだろう~、何でだろう~?って感じです。

 

PCで、そのまま操作出来ないので、わざわざパソコンにスマホ仮想環境(BlueStacks)を入れて対応しているわけですが、これが本当に重い!

 

で、結構困っている人多いんじゃないかな?って思っています。

 

私もその一人ですね。

 

らくらくメルカリ便を選択しておいて、注文を受けた後でゆうゆうメルカリ便に変更することも出来るようですが、これをすると匿名配送は引き継がれますが、一つのトラブルネタが増える気がするんですよね~。

 

購入者の方とのトラブル、システム要因のトラブル、可能性としては2つ増える感じでしょうか。

 

どっちでも配送作業の負荷が同じくらいの場所に住んでいる人なら大した問題にはならないと思うんですけどね。

 

私は郵便局の方がやっぱり良い感じです。

 

そんなこともあって、今後はヤフオクとラクマに限定して使っていこうかな?なんて思った時もありましたね。

 

ゆうゆうメルカリ便利用者がパソコンから出品しようとすると、出品時の負荷が大きいからです。

 

結構、負荷があると思います。別に気にならないって人なら大丈夫だとは思いますが、私の場合は、かなり気になりますね。あぁ、めんどくさいなって。

 

そんな感じですが、出来る対応についてまとめると以下が考えられると思います。

  • 大変だけど頑張る!パソコン内の仮想環境ツールからアップし続ける
  • メルカリのPC用ウェブサイトから「らくらくメルカリ便」を選択して出品する。
    プロフィール欄に注意事項として、ゆうゆうメルカリ便で送ることを書いておく。
    それで購入された後に配送方法を変更してゆうゆうにする。
    (これで匿名配送も引き継がれる。)
  • スマホだけに限定してメルカリを使う。メルカリで取り扱う商品を限定する。
    商品の説明書きなどをあまり書かなくても良いものに限定していく。
  • ゆうゆうメルカリ便をPC版のメルカリウェブサイトで選択出来るようになるまでメルカリ利用を停止する。

 

このように整理すると、やっぱりまだ動けるうちは大変だけど頑張ろうかな!って思っています。

 

でも商品はなるべくサイト毎に用意して、ちゃんと分けて出品する形がやっぱりベストですね。

 

あまり売れないからと2重で出品してしまうと、トラブル要素になりますし。

 

出来るだけ分ける。これは利用規約を守るという点でも必須条件ですけどね。

 

それから、毎回写真撮影が必要なものばかりをメルカリでは扱わないようにすることですかね。

 

写真を流用出来るようにしておくこと。

 

これが重要でしょうね。

 

ヤフオクやメルカリ、ラクマで物販を始めると、初級者から中級者になっていく過程がもしかしたら一番シンドイのかもしれないですね。

 

私は初級者ってレベルは脱しつつあると思うのですが、一方で中級者にはまだ成れていないと思っています。

 

取扱商品数がまだ子供レベルだからですね。

 

この子供レベルの時が一番シンドイのかもしれないです。

 

在庫に余裕がないので、色々と無駄な動きが増えている気がします。

 

ですので、あるタイミングが来たら、もっと在庫を明確に増やしていく予定です。

 

もちろん、それまで売れる売れないの選定をしたり、在庫リスクを許容範囲内に抑えつつ進めていくので、急ぎ過ぎず焦らずに地道に行きます。

 

とはいえ、特にゆうゆうメルカリ便利用者は、まずヤフオク利用をトコトン追求した方が良いような気がします。

 

これはもちろん、取り扱う商品の種類によっても違いがあると思いますが、どちらかというと、メルカリよりヤフオクの方が売れやすいです。

 

いつもそうだというわけではないです。

 

まだ取扱い商品数が少なくて、サイトにアップする回数自体も少ない場合、メルカリだと結構不利な感じがします。

 

アップを継続することでメルカリ内でのSEO対策上、有利に働くことがあるからです。

 

だから、ヤフオク利用を追求して商品点数などを増やした後でメルカリにもその勢いを移動させていく方が賢い戦略だと今はそう思っています。

 

メルカリってアップ回数が減ると、本当に売れ行きが一気に悪くなります。

 

それだけ集客力とサイトへのアップ回数に相関があるように感じます。

 

これは「いいね」が付く回数からも感じます。

 

だからといって、メルカリを攻略するために商品点数の少ないうちにアップを繰り返したとしても持ち物が少ない以上は、効率的な動きではないと思います。

 

ヤフオクの場合はオークション形式になっているので、オークションが終わり次第、再出品することで、また同じレベルのサイト内SEO対策が保たれて、これが循環している感じがします。

 

この点でも商品点数が少ないうちは有利だと思います。

 

だから、商品点数を増やしてからのメルカリ移行が良いかなって感じですね。

 

そもそも、何でもそうなんですけど、一つのことをしっかりとやり遂げてしまった方が力になると思っています。

 

だから、アフィリエイトなどでもペラサイトでまずは勉強して!と言っている人もいますよね。

 

1枚のページをしっかりと書けるようになってから、複数ページのサイトに移行していくという考え方です。

 

これは本質を付いた考え方だと思います。

 

ペラサイト自体の価値については、また色々と思うところもありますけどね。

 

一つのことをちゃんと出来るようになってから、次を進めていくという基本姿勢はヤフオクやメルカリ、ラクマでも同様かなと思っています。

 

とりあえずは一つに絞って、トコトン頑張る!

 

これで良いと思います。

 

これが出来ていないうちにリスク分散とか言って、色々なことに手を付けて回ったらダメですよねってこともあります。

 

ゴミページをネット上にバラまいて蓄積しても、ゴミであることには変わりはなく、それどころか、増えるほど嫌がられることにもなるわけです。

 

こういったサイトを作っているアフィリエイターさんはヤバイですよね。

 

一気に全部が圏外に飛んでしまう可能性があるってことです。嫌われてしまう相手がグーグルになるところにヤバさがあります。

 
関連記事:ヤフオク、メルカリ、ラクマの匿名配送が匿名個人を不労所得生活へ導く
関連記事:ヤフオクの再出品がめんどくさい!アップツールが便利!