マンションの防犯対策2

 
スポンサーリンク
 

防犯力向上
 
 

防犯意識の高い地域には、犯罪者は入っていきにくいのですが、この点以外にも犯罪者を遠ざけるために大切なことがあります。

 

それは何か?

 

エレベーター、自転車置き場、階段、マンションの廊下、ゴミ捨て場、その他マンション周辺の見通し環境などの点で、犯罪者が寄り付かないような設計になっているかどうか。。

 

この点が非常に大切になります。

犯罪者は死角を好みます。

 

犯罪を犯す者は、陰に潜む場所を常に意識しています。

逃げ場所を確保するためです。

 

よって、マンション購入時や引っ越しする際など、次に住む場所が防犯の観点から言って良い環境にあるかどうかを必ずチェックしましょう。

 

そして、死角となる場所には必ず防犯カメラが設置されているか、それに置き換わるような対策がなされているかなど必ず確認してから引っ越し先を決めるべきです。

 

100点満点の場所に住むことは難しいと思いますが、どの点が防犯対策として気を付けなければいけないのかをキチンと認識した上で引っ越し先を決定することが大切です。

 

今後、防犯意識の高まりとともに、建設されるマンションや団地なども死角を出来るだけ排除するような建築設計がなされていくことを期待しましょう。

 

それから、一人暮らしの女性は犯罪者の標的になる可能性が高いため、特に引っ越し先などを決める際には色々な点で検討してから引っ越し先を決定するようにしましょう。

 

例えば、オートロックや宅配ボックス等、都会に住む一人暮らし女性には必須と考えてマンションを探すようにしましょう。

 

仮に例えばオートロックは付いてても宅配ボックスはないというマンションに住むことになったとすれば、若い女性が宅急便で荷物を受け取る際には必ずドアのチェーンは付けたままで応対し、荷物はマンションの廊下にいったん置いてもらうようにするなど対策をきちんと取りましょう。

 

基本的に見知らぬ訪問者を分かるようにするためにも、室内から来訪者の顔をはっきりと確認できるようなカメラ付きオートロックになっているかなどの点も大きく心の安心につながってきます。

 

見知らぬ人であれば基本的に応対しないようにすることです。

 

マンション自体に帰るのに駅から、人通りの少ない長く暗い道を通ることになる場合にも若い女性は特に対策を考える必要があります。

 

その長く暗い道には大声を出せば人が出てくるような環境になっているか、つまり家やマンションが立ち並んでいるかなどでも大きく変わってきます。

 

いつもお金がありそうに着飾っていないか、肌を露出させすぎた格好をしているか否かという点についてチェックし、改善することでも、犯罪者の標的になる確率は減ります。

 

自分がどのような人に、どのように見られるかということを若いときには男性・女性ともに特に強く意識するものです。

 

その意識の中に犯罪者は含まれているでしょうか?

 

犯罪者は常にあなたの街、この日本から創出されています。

 

未来まで含めれば、犯罪者があなたのすぐ横にある可能性はかなりあります。

 

このことをキチンと認識して生活をしていきましょう。

 

また、昨今では外国人労働者の激増が加わり、全く想像がつかないような環境下で生きてきた人たちも、あなたのすぐ近くに住んでいます。

 

このことからも、これまでの常識や世間に対する安全意識などを、完全に見直すことが必要となります。

 
防犯力向上 TOP

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!