ファンダメンタル分析 第三者圧力

 
スポンサーリンク
 

ファンダメンタル分析として企業の割安・割高の程度を分析しました。

 

株を選ぶ際に今、割安銘柄なのか割高銘柄なのか。

 

この点は非常に重要な判断要素となります。

 

それから、高収益企業銘柄であるかどうか。また、配当は良いかどうか。

 

さらに、高付加価値企業であるかどうかについても整理してきました。

 

ここから、さらに銘柄選定を行うとするのであれば、それは第三者圧力はどのようになっているかという点を確認しておくべきという話になります。

 

それは一体、どのようなことか?

 

それは、上場企業を支える幹事証券や監査法人はどのようになっているか確認することを意味しています。

 

幹事証券はパワー感の強い会社が担当しているか?

 

あるいは、監査法人とのトラブルが絶えないのではと疑われるような点はないか?

 

こういった点を確認することにより、数字には表れない思わぬ落とし穴を避けることが出来るかもしれません。

 

幹事証券としてパワーのある証券会社として、野村證券や大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券などが有名です。

 

監査法人については、頻繁にこれを変更している企業かどうかを常にチェックしていきましょう。

 

これらは、商売の原則、3方良しということを前提とした企業活動がしっかりと行われているかをチェックするという意味で活用すれば良いと思います。

 

3方良しは、売り手良し、買い手良し、世間良しを意味し、売り手と買い手がともに満足し、さらに社会へも波風を立てるようなことのない状態のことになります。

 

商売のこの大原則を守れているかどうかは、小さな懸念も残すことのないように細かなチェックしたいところです。
 

【関連情報】

 ロンが選別した株で確実に勝つための優良情報
 株式投資情報データーベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!