ビットコインのまとめ。そして、ビットコインの未来を見通す。

 
スポンサーリンク
 

ロンです。

今回はビットコインを取り上げます。

 
ビットコインに関する情報をまとめます。
 

ビットコインって、そもそも何?仕組みは?

そもそも、ビットコインって何?って話ですが、これは仮想通貨ということになります!

 

「え~!!仮想通貨だって~!!超怪しい!!」

って、声が聞こえてくる気がします。

 

「仮想の通貨って、そもそも仮想じゃ困るんやけど!お兄さん!!」

 

「仮想の意味って分かってるの?実際には存在しないものを、存在するってことにする話でしょ!!」

 

「勝手に仮想のわけ分からないもんと引き換えに商品を購入されても困る!!」

 

「頭おかしい人が店に入ってきて、紙切れを渡され、これ仮想通貨やからと言ってどっか行っちゃうやつでしょ!!」

 

・・・と、まぁ、こういった疑念がわく場合も無いとは言いきれませんね。

 

そもそも、このビットコインを各種ポイントなどの仮想通貨と同様に位置付けている点が間違いであるとロンは思っています。

 

第三のビールみたいに、「第三次通貨」にした方が良かったように思います。

 

第一次は何やねん?って、ツッコミが入りそうですが、第一次は石でしょうか。

 
各種ポイントについては通貨というより、準通貨と位置付けてしまう方が分かりやすいと思います。

 

それはさておき、、

 

この仮想通貨の「仮想」は100円玉とか千円札とか、そういう通貨の物理的実体が存在しないというところから、「仮想」と名付けられています。

 

通貨と交換できるポイントも仮想通貨ということになるので、ビットコインも仮想通貨ですって言われると、ごちゃ混ぜ感がハンパなくて、怪しい空気が漂い始める気がしますね。

 

ビットコインは、各種ポイントなどの「仮想通貨」とは違っていて、円やドルなどの通貨と常に等価で交換されるようなものではなく、変動相場制が適用されています。
 

この管理者がコンピュータとなっており、コンピュータプログラムが通貨を管理しているという特徴があります。

 

このプログラムは公開されていて、通貨の流通量、発行状況も公開されています。

 

中央銀行にあたる実体組織が存在しない代わりに、コンピューターによって管理されているということになります。

 

この管理技術で、ビットコインに関する取引は全て管理されていて、これを保証することを可能にした技術がブロックチェーンと呼ばれているものです。

 

この仕様内容については難しいので、踏み込まない方がよいと思います。

それでも、知りたい!!という人は、まずはこちらを参考にされるとよいと思います。
http://btcnews.jp/gotoh-blockchain-report-16q3/

 

ブロックチェーンというアイディアによって、ビットコインに関する取引全体を問題なく管理する仕組みがプログラムで実装されることになったのです。

 

ビットコインは、そもそも何で価値があるようになったの?

ビットコインの価値の源泉について、ビットコインを支えるシステムが信用されているから価値が生じているとか、利用者がビットコインを信用しているから価値が存在するのだといった説明がされていることが多いようです。
 

確かに、現状ではそのようなことが言えると思います。
 

ですが、元々、何で価値が生じるようになったのか?という点に関しては、先行者利益を予想した人たちが集まり、その人たちの中で投機対象となり、これが広まったことで、価値が生じるようになったものと考えています。
 

現在でも投機の対象として取り扱われることの方が圧倒的に多く、まだまだ日常的に使用する通貨としての安定感には欠ける印象があります。
 

ビットコインはどこで、どうやって手に入れるの?

  1. 取引所での購入
  2. インターネット上の取引所のことで、ここでビットコインの売買が可能になっています。
     

    売買については、株式投資やFXなどと同様に、注文を出し約定されれば取引完了となります。

     

    よって、トレードで稼ぐという道もありますね。
     

  3. 販売所から購入
  4. こちらもインターネット上の販売所で、提示されている価格でビットコインを売買できます。

     

    提示金額に従い、確実にビットコインを入手することが可能です。
     

  5. 採掘(マイニング)する
  6. 採掘するって何や!!意味分からん!!って話になりますよね。

     

    この採掘(マイニング)ですが、ビットコインの取引はコンピューターによって管理されているという話に関連しています。

     

    この管理についての話になりますが、非常に膨大な計算量となるため、ビットコイン取引に参加している人のマシンリソースを借りています。

     

    この時に、力を貸してくれた人、手伝ってくれた人にビットコインを報酬として支払っているのです。

     

    正確には手伝ってくれた人で、かつ、システム上の取引台帳への追記処理に成功した人に報酬が支払われています。

     

    この報酬を求めて、マシンリソースに多額の費用をかけて圧倒的な速度実現をしている人たちが存在するため、すでにこの方法でビットコインを得ることは、かなり難しい状況にあるようです。

     

    この報酬支払いのために、通貨の新規発行が発生しますが、この新規発行に至るまでの行為を「採掘(マイニング)」と呼んでいます。

     
    頑張って、掘り返して(計算して)、お宝(報酬)をゲットするのが「採掘(マイニング)」ということになります。
     

  7. ポイントサイトでポイントと交換する

    ポイントサイトは、お小遣いサイトとして、すでに利用している人も多いかと思います。
    ここで貯めたポイントを、ビットコインに変換することも出来る道があるということになります。
     
    ちょびリッチ、モッピーといったところが安心かと思います。

 
国内最大、国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)はbitFlyer です。
https://bitflyer.jp/
 

ビットコインを取り巻く状況は?

日本政府は、ビットコインを通貨として認めるに至っています。
 

グーグル、マイクロソフト、アップル、IBM、楽天など、続々と大手企業がビットコインを取り入れ始めています。
 

仮想通貨、ビットコインは確実に利用者が拡大する方向に進んでいますが、実態としてはまだ短期的な差益を狙う人たちを中心として取り扱われているのが実態です。
 

多くの人たちにとって、ビットコインを利用した方が便利という局面は、日常生活においてまだ見当たらないということも言えそうです。
 
中国など、制限を設けている国もあるものの、世界的な広がりを見せていることは間違いありません。

 

ビットコインって本当に安全なの?破綻しない?危険はないの?

仮想通貨という言葉が示す意味は、実物貨幣がないというところから名付けられており、この点に関連した怪しさは全く無いと言ってよいと思います。
 

ですが、中心となるコンピューターの物理的環境状況などが、見えてきません。
 

これはマシンの筐体障害が発生したような場合の運用についても全く見えてこないということになります。

 
大きな金額が動くようになるにつれて、こういった基本的な条件確認は、さらに要求されることになると思います。
 

通常の通貨においても、絶対安全かと言えばそうではありませんが、ビットコインはそれ以上に不安感が在ることは否めません。
 

なぜ、大手企業が続々と参入をはじめているの?

これについては、取引方法におけるビジネスチャンスを向上させるためというよりは、競合他社よりもチャンスを狭めないため、競合他社よりも遅れないためということだろうと思われます。
 

例えば、クレジットカード発行についても同様なことが言えて、今ではクレジットカード発行が飽和している状況ですが、その状況下では、クレジットカードを発行したいというよりは、その点で他よりもビジネスチャンスを狭めないためという思いが強いことと同様だと思います。
 

ビットコインの価格が変動するのは何故なの?

ビットコインは、一般の通貨と同様に機能することを前提とした設計になっています。
 

流通量に応じて、また需給に応じて、価格変動する一般通貨と同様に設計され、運用されているということになります。
 

ビットコインは一体何のために作られたの?既存通貨ではダメなの?

ビットコインは、政府や銀行も介すことなく自由にお金のやり取りが出来るようにしたいとの目的から作られたのかもしれません。
 

そして、このようなチャレンジングな目的であったことを暗示するかのような背景が、このビットコインにはあります。
 

それは、2008年10月31日に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がネット上に掲載した論文によって、ビットコインが提唱されたという事実です。
 

この中本氏が誰なのかは不明のままなのです!!
 

その論文ですが、以下から見ることが出来ます。
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf
 

自由にという思いがあったとしても、今のところ多くの人にとって、ビットコインが日常生活で必要になるタイミングはないでしょう。
 

ビットコインの未来予想

ビットコインの今後について、ロンの予想を書きたいと思います。
 

ロンの予想はズバリ!!
 

「ビットコインはユーロと同様の道を歩む!!」というものです。
 

ユーロに関して、すでにロンは将来的に消滅する、解体されるとの予想を発信していますが、ビットコインも、これと同様の予想です。
 

ユーロは既に20年近い歴史になりますが、ビットコインも同様にこの位の期間は運用されるのかもしれません。
 

ですが、ロンはユーロの運用期間よりも、短い運用期間で破綻するだろうと予想しています。
 

それから、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物よって、提唱されたビットコインですが、この人物が誰かも分からない、仮想の人となってしまっている状況も好ましいものとは言い難いでしょう。
 

ギャグでこうしているのでしょうか。謎に包まれております。

 
ビットコインなど、コンピューター上で管理が行われていて、かつ変動相場が適用されている通貨一般が、どのような結果になるのかという点について、歴史が証明することになるか、経済学が役割を果たすのか今の時点では分かりませんが、その先にあることは一つであるとロンは予想しています。
 

あくまでも予想ですがね。。。
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!