トルコリラのスワップ金利狙いを勧める魔の手

 
スポンサーリンク
 

ロンです。

 

本日はトルコリラを取り上げます。

 

トルコリラはスワップ金利が非常に高くて魅力的なこともあり、投資対象通貨として注目されています。

 

その上、トルコリラが史上最安値圏に入っていることから、今はトルコリラ投資をオススメしている人が増えているようです。

 

さて、ロンがこのトルコリラによるスワップ金利狙いをどう考えているのかという点を明らかにしておきたいと思います。

 

結論から言えば、ポジション取りのタイミングを見た上であれば有効だと思っています!!

 

ですが・・・

 

5年とか10年とかいう単位で保有しようとしているのであればオススメできません。

 

また、購入タイミングが分からない人にもオススメできません。

 

ですので、オススメ出来る対象の人が限られている上に、タイミングが何より重要だと思っています。

 

なぜか?

 

ここにロンがトルコリラ単品を最も推奨している人たちとは異なる視点があります。

 

それは史上最安値であるという人を惑わすワードにあります。

 

その上で、中央銀行が介入しているからもうこれ以上は下落しないということだと判断している人たちもいるようですね。

 

そんなはずはありませんよ。

 

短期間に下落しすぎているから介入しているのでしょう。

 

トルコリラをファンダから眺めても、さらに下落していくことが明確に示されています。

 

こういうことを書くと少し戻すと違っていたじゃないか!!という人たちがいるのですが、一時的あるいは一定期間での反転はもちろんありえます。

 

ですが、長いスパンで見るとやっぱり徐々に下落を続けている。

 

これはファンダ要因が明確に表れているだけで、経済に精通する人なら誰でも当たり前の動きだと思うはずです。

 

ファンダ側面からは反転する要素はありません。逆に下落要素だけがしっかりと維持されていますよ。

 

反転するはずだと言っている人はチャート信者の皆様とトルコファンの皆様でしょうかね。

 

チャートだけで分析をしていると、こういうことも分からないため、もう何年も前からずっと史上最安値だと言い続けて買い煽りを行っている人もいると思いますが、実態は為替変動によるマイナスをしっかりと受けているはずです。

 

資金効率の良さという点ではタイミングをしっかりと考慮しないとかんばしくない結果になりますね。

 
(後追記)

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!