ディーカレットと楽天ウォレットによる新世界が始まる理由

ディーカレット

なぜディーカレットと楽天ウォレットなのか?

金融庁がディーカレット(IIJ傘下)楽天ウォレットを仮想通貨交換業者に登録しました。

 

ついに新しい時代が見えてきました。

 

この2社は、日本の仮想通貨交換業において中心的な役割を担う企業になるはずです。

 

暗号通貨交換業の分野で、国内勢ではこの2社が圧倒的な力を持つことになると予想しています。

 

その理由はどこにあるのか?

 

結論から言えば、実際に大きなマネーフローの中にすでに存在していることがあります。

 

それも圧倒的なものです。

 

楽天は、ネットベンチャーからスタートして始まった成長が今も順調に拡大し続けていて、この勢いがさらに増している状況ですが、既に国内企業としては最大かつ圧倒的なシェアを持つECサイトを運営するに至っています。

 

楽天経済圏はネットから通信から実店舗から・・・色々な形でさらに加速しながら広がり続けています。

 

それから、ディーカレットはIIJが国内最大手企業と手を組んで作った会社です。

 

すでにビックマネーが動いている状態にあるところ、人が実際に利用しているキャッシュポイントのあるところに、この2社は位置しています。

 

「仮想通貨って、何に使うのかよく分からないよね。」

ディーカレットと楽天ウォレットの登場によって、暗号通貨(仮想通貨)に対するこういった認識がだんだんと変わり始めていくことになるはずです。

 

ディーカレットと楽天ウォレットともに実需を取り込んだ形の暗号通貨を発行可能だからです。

 

ここで注目したいポイントは、この2社がどのような暗号通貨システムを構築していくのか?この点です。

 

ここは非常に楽しみです。

 

この意味は成功するか、失敗するか、どっちなのか?成功して欲しい!・・・といった種類の思いがあって楽しみだというわけではないです。

 

実需が伴っている限り、何らかのトラブルがあったとしても最終的には絶対に成功する。

 

ノウハウを蓄積して、色々な経験値を積み上げていく必要があると思いますが、どのような形であっても、必ず多くの人に利用される暗号通貨環境を構築していくはずです。

 

この2社から国家レベルの暗号通貨がアウトプットされることになると思います。

 

利用が全く想定されていない仮想通貨環境、投機環境、ギャンブル場、単なるお金儲けシステムといった種類の印象とは全く違うもの、そんなことを全く想像させない環境が必ず出来上がるはずです。

 

その理由として、潜在的な実需を掘り起こすことの出来る力が既に存在していることがあります。

 

この力が存在しないのに通貨を発行してしまうこと自体が、ほぼ詐欺的だと思います。

 

それ、ありなの?という話だと思います。これまではそういう感じだったと思います。

 

ですが、このあたりについて法律で規制しようとしても難しいところがあるはずです。

 

変な規制をしてしまうと不平等感だけが増してしまいますからね。

 

だから放置状態。

 

どうせ淘汰されるし仕方ない。市場原理に任せた方がみんなも納得するよねという考え方が見え隠れしています。

 

そこで投機的な動きが加速し、さらに放置状態が酷すぎたためにハッキングなどによって投資家保護が出遅れてしまったところがあります。

 

楽天とIIJが超ビック企業になる未来

国内の暗号通貨環境を楽天とディ-カレット(IIJ傘下)で2分することになるとすれば、この2社は超巨大企業になるはずです。

 

今の最大手企業を圧倒する大きさになる可能性がかなりあると思います。

 

しかも、楽天については独自の楽天経済圏や海外市場も含めてネット企業としてのリバレッジが大きく働くことを考えると、さらにこの可能性が高まります。

 

楽天とIIJ、この2社はやはり注目し続ける価値のある企業です。

 

10年後、20年後が楽しみです。

 

土台のしっかりとした暗号通貨環境が示す未来、新世界、それはキャッシュレス世界です。

 

そこでは現金保有が非合理だと判断できる環境が整うことになるはずです。

 

今はまだ絶対現金じゃないと嫌だ!と思っている人たちもかなりいるはずです。

 

このあたりを狙って起業する人たちも、これから出てくると思います。何かで起業を考えている人は、ここを狙ってはどうでしょうか。

 

国側とのコミュニケーションも重要になってくると思います。

 

キャッシュレスであることに合理性を皆が感じてくれるような仕組みは起業家だけでは作れない。

 

そういう仕組みを作っていくための議論も活発化していくはずです。

 

暗号通貨の問題点について

以前から既に発信している通り、暗号通貨について経済学が語っているところが少ない感じがします。

 

この点は以前から発信している通り、問題があると思っています。

 

それから、楽天とディ-カレットがどのような暗号通貨を作るのかによっても、今後、また問題にしなければいけないタイミングが来る可能性自体はあると思っています。

 

ですが、きっと実需にそった長期的安定的に運用可能な暗号通貨がこの2社から生まれてくるだろうと思っています。

 

既に大きなマネーフローの中にいて、実需を取り込むことが出来る位置にいてその上、色々なノウハウを持っている企業だからです。

 

大きな実需がある限り、必ず前進するはずです。

 

トラブルを乗り越えて、前進させるだけの体力も十分に備わっている企業のはずです。

 

国家レベルの暗号通貨を作れるとしたら、この2社以外に見当たりません。

 

この2社以外にはありえないと思います。

 

役者が出揃った感じがしています。

 

ですが、経済学が出揃わない。

 

このあたりについては、今後もチェックしていくしかないと思っています。

 

暗号通貨についての私の基本認識は以下で書いていますので、まだ見られていない方は参考にして頂ければと思います。

 

関連記事:暗号通貨大全