テクニカル分析 株価移動平均線からの乖離率とボラティリティ

 
スポンサーリンク
 

 

移動平均線からの乖離率に注目することで、あまりにも下落しすぎている銘柄や上がり過ぎている株を選別することが可能となります。

 

株は、オーバーシュートを繰り返すことが非常に多いため、この乖離率の異常に注目することで、エントリータイミングの精度向上につながります。

 

もちろん、銘柄によって、この乖離率の異常さは異なってくるため、乖離率で銘柄選定した後は、チャートの形状を確認し、その他のテクニカル分析指標と組み合わせることで、勝率アップにつながるはずです。

 

銘柄間における差異を特に考慮に入れたい場合は、東証1部、2部、マザーズなどの市場を考慮したり、時価総額や業種等を考慮に入れて選別しましょう。

 

さらに、ボラティリティの指標を活用することで、超短期売買、デイトレ型の銘柄を選定することも可能です。

 

ボラティリティは、株価の散らばりの程度を数値化したもので、株価変動が大きいものほど大きくなる指標値です。

 

一般的には、株価だけではなく、価格変動の度合いを示す言葉で、価格の変動が大きいことを「ボラティリティが大きい」、逆に価格変動が小さいことを「ボラティリティが小さい」というように使われています。

 

このボラティリティは、資金管理という観点からも非常に重要な指標値であり、株やFXなどでリバレッジをかけて取引する場合(自己資金よりも大きい金額を動かす場合)は特に、変動予測幅をしっかりと余裕を持って考慮した上で、自己資金に対して、どれだけポジションを保有するかを判断します。

 

長期保有型の投資であるほどに、このボラティリティの考慮は精神不安にならない程度をさらに超える程度、強い安心感を持てる程度に維持する必要があります。
 

【関連情報】

 ロンが選別した株で確実に勝つための優良情報
 株式投資情報データーベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!