サイトやブログのSSL化。グーグル意向よりも影響受けるかも。

 
スポンサーリンク
 

不労所得マニアです。

 

サイトのSSL化に関して、思うところがあったので追加記事です。

 

以前にも書いたように、グーグルは検索順位決定にこのSSL対応を考慮するとの意向を示しています。

 

その一方で、この影響は検索順位決定要素の中でそれほど大きな割合を示すものではないことも明らかにしています。

 

そうであれば、個人アフィリエイターがSSL対応しなくても、あまり大きな影響を受けずに済むことが予想されます。

 

だから、この対応(SSL対応)を急ぐ必要はないとの考えを示した時期もありました。

 

ですが、最近思ったのですが、仮に広告主がSSL対応しているサイトでないと嫌だ!!と言ってしまったら、その広告主が提供する広告媒体についてSSL未対応サイトは利用出来なくなる可能性がありますね。

 

SSL対応出来ているサイトかどうかは、ブラウザのURL入力部を見れば明らかで、一般ユーザーにも明確に伝わってしまうため、信頼性の有無が判断しやすい状況であることから、広告主自体がこの意向を示す可能性はあるのではないでしょうか。

 

とすれば、もう早めにSSL対応をしておくべきかなと、以前よりもそう思うようになってきています。

 

ブランディングが特に大切な商品やサービスのアフィリエイトをしている場合や、企業イメージをかなり大切にしている会社の商品やサービスをアフィリエイトしている場合は、注意が必要ですね!

 

このようなサイトが多い人は、企業の方向転換で一時的に大打撃を受けてしまう可能性もあるような気がしてきました。

 

ChromeでもSSL未対応サイトは「保護されていません」の文字がブラウザに表示されてしまうようになるため、これが表示されるサイトに広告を載せたくないと思う企業が多数出てくることは可能性の問題として十分あり得ると思うからです。

不労所得マニアが利用しているロリポップなら簡単にSSL対応を行うことが出来ますよ↓


 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!