キュレーションサイトの問題点とリライトについて

 
スポンサーリンク
 

 

不労所得マニアです。

 

突然ですが、タイトルに「休職日記」は止めました。何だか復職前提みたいな気持ちになるので。

 

状況はまた随時報告していきます。

 

キュレーションサイトの問題点

 

休職に向けて、今、ネット上の色々な情報を集めていて、その過程で、たまたまあるバイト求人広告に流れ着いたのですが、それがライター募集というものでした。

 

それも、ゲームの記事を書いたりしてブログを更新したり、キュレーションサイトの記事を作るバイト募集などがあったりします。

 

私自身がこういったバイトをしようとしているのではないのですが、内容が気になりました。

 

DeNAのキュレーションサイトが炎上しマスメディアに取り上げられたことで、キュレーションサイトについては、すでに問題点が明らかにされています。

 


内容がよく分かっていないのに、事実として書かれていたという件ですね。

 

それから、他サイトの記事をコピペするなどしていたことを含めて、何でもありの記事になっていたということですね。閉鎖に追い込まれました。

 

背後にあるリライト問題

それと同時に整理しておくべきことは、リライトということです。

 

「リライト」ということをネットビジネス関連の人たちが言う時、多くの場合、他人の記事をコピペした上で、色々なテクニックを使って、グーグル検索エンジンにコピーしたと分からせないようにするための行動となっています。

 

そして、このようにすることで別の記事として自己認識するに至っています。

 

結果として、内容のほとんど変わらない記事を量産してもその記事やそのブログを読む人が興味を持ってくれることも少なくなるでしょうし、それをグーグルは確実に検知します。

 

そもそも、キーワード戦略としてもコピペ元記事と被ることが多くなるため、検索上位に入らずに結局はゴミのような記事やブログになっていくことも想定されます。

 

色々な角度からこのようなサイトもグーグルはデータ解析などで十分に判定可能と思います。

 

判定というよりは、サイト価値評価を引き下げるためのデータ解析が十分に可能だと私は考えています。

 

要するに、長期的視点に立ってサイトアフィリをしようとする場合、こういった記事コピーの上でのリライト戦略による記事量産はもう避けられた方がよいと私は考えています。

 

リライトではなく、自分の考えや思考にもとづいて他人の記事を参考にしながら独自の言葉で書かないと、結局はそれに応じたサイト評価になるということだと思います。

 

独自内容がないサイトやブログを訪問したいとなんてあまり思いませんよね。

 

独自価値提供と長期型アフィリ戦略

キュレーションという言葉が流行っていますが、みんなが同じことをやったらそれもまたダメで独自価値提供という視点が抜け落ちたり、DeNAのキュレーションサイトであったように、全く内容を把握せずに情報を集めたりといった考え方も負の価値提供になってしまうということですね。もちろん問題ありです。

 

独自の価値提供能力。

 

これは大切だと思います。

 

簡単に短い言葉でも、もちろんよいと思います。写真などをアップしながら、それぞれの視点から書かれたブログだと言葉の内容自体は少なくても、やっぱり見てしまいますよね。

 

そこには、その人にしかない視点があるからだと思います。

 

ただ、これと同じことを雇用契約の上でやるとなると、色々なリスクが発生すると思います。

 

バイト募集をかけて記事を量産しようという考え方は、独自性を維持した上で内容にも問題がないことを担保しつつ、さらに収益を確実に上げなければいけません。

 

内容に問題が出たら、ツイッターなどで拡散されることで一発アウトの環境になっています。

 

閉鎖になったら一発で記事の蓄積価値が吹っ飛びます。

ネットは個人が活躍する場

ネットはそもそも個人が情報発信することの価値をくみ取ってこそ、その価値が最大化するわけです。

 

グーグルも商業主義的な動きが強いように見えますが、少しずつもっと個人媒体に光を当てるようにならざるをえないと思います。

 

そうでなければ、検索エンジン競争に負けてしまうと思うのです。大手が雇った会社の実際にはバイトライターが書いたつまらない記事よりは、本当のマニアが書いたブログに興味を持つ人が多いのは当然でしょうね。

 

そして、このような人が価値を最大化させて、今よりももっとネットで活躍するようになっていくだろうと私は予想しています。

 

長期型アフィリ戦略という点でも、私、不労所得マニアは、以下の3つのツールやノウハウを推薦しています。

下克上レビュー
賢威レビュー
ツイッターブレイン

 

(後追記)

有名ブロガーさんが記事をコピペして持ってきて、リライトしてアップして何が悪いのだろうかと言っている人がいますね。

 

そういった考え方の人がネット上に量産されたことを考えれば負の要素以外に何物でもないことは分かると思います。

 

同じようなことで、もしもドロップシッピングのビジネスモデル(サイト運営モデル)は壊滅的な打撃を受けたと言ってよいでしょう。

 

ネット上がゴミだらけになり得るのです。

 

ネットビジネスも3方良しの原則に乗らないものは長続きしません。

 

よって、このような存在であるとグーグルに判定されれば、必ず評価順位を落とされていくはずです。

 

こういった事を言っていた有名ブロガーさんでも同様に、パクりまくってSNSで煽りまくって順位を上げていた記事がどんどん順位を落としています。

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!