ロンです。

 

注目されていたイギリスのコンサートイベントで発生した爆破テロ事件ですが、ISが犯行声明を出したと報じられています。

 

フランスだけでなく、ヨーロッパ全体はマクロン氏勝利で明るい兆しが見えてきたと感じていましたが、ISの今回の犯行声明で、これが完全に打ち砕かれました。

 

今回の事件は、イギリスで発生したということで、イギリスのEU離脱判断が再評価され、一方でフランスのマクロン氏勝利については疑問が湧きあがるきっかけとなるかもしれません。

 

いずれにせよ、こういった不安を書きたてる事象は、株式市場全体にとってマイナス圧力を加えることになるはずです。

 

ただし、テロとの戦いについて、一致団結して断固とした対応を取っていくとの姿勢が具体的に明確になれば、マイナス圧力をはねのけることになると思います。

 

そのような対応が既に行われているのかもしれませんが、伝わってこない。

 

そして、現実にまたテロ事件が発生してしまった。

 

基本的な治安維持は経済活動を支えるための大前提です。

 

もし、このような事が頻発するようなことになれば、事業活動どころか、日常生活もままならない。

 

ヨーロッパに仕事で行くという日本人、すでに滞在している日本人も多数存在するはずです。

 

事業活動への直接的な影響が懸念されます。

 

さらなる治安の悪化を阻止してもらいたいものです。

 

何でマクロンさんを選んだのかいまだにロンは分からない。

 

 

それから、最近、中国からの黄砂がスゴイです。日本の海水淡水化技術などで、あの砂漠地帯に水をばら撒いて何とか出来ないものなんですかね。

 

外に出ると、くしゃみが止まらなくなることがある。