「アベノミクス」

 

この言葉は、あと20年程度、日本経済を語る上で最も多く聞かれることになる用語の一つになると思います。

 

「アベノミクス」

 

おそらく多くの人が、この言葉をある日突然耳にして、そのままそれを受け入れているのかもしれません。

 

安倍首相の経済政策がうまくいっている。

 

明るい兆しが見える。

 

日本もこれから良くなっていく。

 

そのような印象のある情報がマスメディアや経済評論家などから、多く流れています。

 

そして、ふと疑問に思うのです。

 

そんなに簡単に転換できるなら、これまで失われた10年とか20年とかそういう話がずっと続いてきたけど、あれは一体何だったの??と。

 

こういった疑問を持つことは、非常に大切なことにつながるのです。

 

そうです。

 

一体何だったのでしょうか。

 

まともな経済学者なら、経済評論家なら、この点について、しっかりと説明してください!!なぜ急にこのようになっているのですか!!そういう声が聞こえてきます。

 

そうです。その本質がアベノミクスです。

 

アベノミクスは、今の安倍首相が健在である限り、必ず続行です。

 

アベノミクスとは強烈に日本の行方を決定するものです。

 

そして、これは、グローバルパワー無しには起こり得ないものと思います。
 

これまでも、そしてこれからも、経済はグローバルパワーが正義であるとして推し進められるはずです。


 

株TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース