こんばんは。
ロンです。
さて、本日の日経平均は反落となりました。

 

ここまでの動きを振り返りますが、ロンは日経平均が20000円を仮に奪還したとしてもメガバンクが勢いを付けてこないと、それ以降の上昇は難しいと考えていました。

 

経団連は、この状況を見越して10兆円の設備投資拡大が可能といった情報も発信しましたが、それでもやはりインパクト無し。

 

法人税減税についても同様で、すでに株価に織り込まれている程度のもので、インパクトは何もありません。

 

TPPは実際に動き出さないと投資家が判断しにくい状況下にあり、これが強いインパクトをもたらすことは難しい環境となってきています。

 
現在、日経平均を強くする材料が無いのです。

 

その上、海外要因として中国の動向も非常に注意すべき状況です。

 

日経のチャート波動、先週から続く不自然極まりない値動きの連続。。

 

注意!!

 

やはり、注意です!!!

 

日に日にこの感覚が強くなっている状況です。

 

ロンの現在の日経平均予想は、昨日投稿したチャート波動の動きとなります。

 

一度、強い下落がある。
こういう予想となります。

 

では!!