いじめ問題 学ぶことはいじめとの対峙

 
スポンサーリンク
 

いじめ問題
 

私たちは何のために学ぶのでしょうか。

 

この問いに答えるにあたっては学ぶ理由の整理が必要となります。

 

私たちは日常の生活を送る必要が当然のことながらあります。 この日常の最低限な生活を送るということを満たすのであれば、 中学までの義務教育を受ければ十分です。

 

ですが、実際の社会の仕組み上、アルバイトや就職のことを 考えた場合には高校まで出ておいた方が良いと思います。 職人の道に進むということが分かって、その道を志望しているので あれば高校も行く必要が無い場合が多いと思います。

 

高校卒業では入れてくれない大きな会社、大学まで出ないと就くことが できない職業につきたいのであれば大学にも行く必要があると思います。

 

また、サラリーマンとして生活をするということであれば、大学まで 出た方が給料の高い会社、社会的に強い会社に入ることが可能となります。 当たり前になりますが、高学歴の人ほど、こういった強い会社に入る ことが出来るようになっています。

 

サラリーマンや学歴を必要とする職業以外の職業を目指しているので あれば、当然のことながら大学に行く必要はありません。

 

さて以上について書いた内容を確認すると社会の仕組み上、学ぶ必要 のあるレベルについて整理しています。

 

「私たちは何のために学ぶのでしょうか。」

 

就職に必要だから学校へ行く。学ぶ。

 

本当にこれで済ませられるものでしょうか。

 

本当に心が求めている学びは、そうではないはずです。

 

自分の人生を心身両面で、ゆたかにしたいから学ぶ。

 

そういう学びであれば自然と出来るのではないでしょうか。

 

もしあなたが学校へ行く場合に、実際に学ぶ内容、つまり算数や数学、 国語、歴史、理科、社会を通して、自分の人生にどのように関わっているのか を見つける必要があります。もちろん全てにおいてあなたの人生に関わって います。

 

教科以外でも人間関係など、いじめられてあまり人と接しなくなると 余計に人間関係が取りにくい感覚になると思いますが、そのようなことも 含めて、学校を通して、自分の人生と本当の社会、本当の世界のことについて 考えること整理することが、いじめの本当の原因を言葉で分かるというの ではなく、実際に肌で分かるということになるのだと思います。

 

嫌な学校に通う必要もなく、色々な学校から自分の学校を選べばよいのです。

 

また、社会的に必要が無い場合は、学校である必要もないのです。 色々な人の中で少しずつ自分と世界、宇宙についての整理しながら、 人に接することが出来るようになれたらよいと思います。

 

それが学びながら、いじめの根本原因と対峙していく道であり、色々な人間 がいることを認識していく道であり、自分の人生を心身両面でゆたかにしていく 道ではないでしょうか。

 
いじめ対策 TOP

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 
お金大全
 

不労所得データーベース

不動産投資DB、節電DB
不動産投資と節電で不労所得

株式投資DB
株式投資

不労所得型クレカDB
カードで節約、不労所得生活

保険の見直しDB
保険の見直しデーターベース

婚活・出会い・結婚DB
本気の婚活

自己投資(学ぶ編)DB
留学と通信制高校の情報

ダイエット教材DB
美容・脱毛(男女)DB
格安航空券DB
家賃節約DB
お金を借りる方法DB
株主優待DB

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

優良高額塾

オススメ優良高額塾

ページ先頭へ

error: Content is protected !!