【緊急】アベノショック到来か

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。
ロンです。

 

さて、日経平均は大暴落です。

 

この勢いは、これまでの日経平均株価の暴落の仕方から考えるとちょっとマズイ。

 

ロンの想定、日経平均16500円も簡単に割ってしまいました。

この勢いが堅持されることを想定できるチャート波動を探すと。。。

 

やはり、リーマンショック時。
この短期的な勢いだけで言えば、既にリーマンショックとほぼ肩を並べている。

 

この勢いがすぐに切り返すとも思えません。

 

アベノミクス応援団が煽りまくったアベノミクス相場ですが、もうすぐそこに「アベノショック」が来ていると言っても言い過ぎではないほどに、強い勢いを保ったまま、さらに暴落は加速しているように見えます。

 

日経平均株価はこれまでの傾向通りに進めば、15000円前半にタッチしてくると予想されます。
この辺りすらも強い勢いを維持したまま到達すると、日経平均が12500~16000円付近を動いていたレンジすらも、突破してくる可能性が十分にある。

 

つまり、日経平均はナント11000円~12000円に到達してもおかしくない。

 

これが何を意味するか?
「アベノショック」です。

 

色々なところで為替相場の想定や、日経平均株価予想などをしている人たちがいると思います。

 

それは企業内のエコノミストだったり、評論家だったり、経済学者だったり、投資家だったりと色々とあると思います。

 

その人たちの多くが想定外であったアベノミクスショック。

 

名付けて「アベノショック」がすぐそこに来ていることを想定せざるを得ない状況に既に陥りました。

 

このような状況下、本日は仕事帰りにある大企業内のエコノミストと意見交換をすることができました。

 

政治経済分析、国際情勢調査など。

 

いわゆるファンダメンタル分析周りを元にすると今の相場状況は、さじを投げざるを得ない。
彼はそういう事を言っていました。

 

内容。

 

確かにそうです。彼の言っていた意図とは異なりますが、元々は金融緩和一辺倒、TPPなどもあったが投資家の見える形にはなっていない。成長戦略も期待薄のまま。

 

実際の物価水準だけは、きっちりと上昇した上で、給与の上昇はこれに追いつかないため、多くの人の賃金がリーマンショック後よりも実質減額。

 

NISA口座で集めた国民の貯金を、外資系ファンドに献上する。

 

お金をジャブジャブと市場に垂流しつつ、一時的に強い円高状況を作り出すが、本来の目的は円の切り下げ。

 

日本国の金融資産を外資系ファンドに献上する道筋がすでにくっきりと浮かび上がってしまっていたことが最も危険なものだったのだと思います。
以前からずっと批判している日銀のETF介入オペレーションがこの一つです。

 

日銀の追加緩和は完全に失敗だったと言っても差し支えない状況に完全になった今、そもそもの金融緩和自体が失敗だったということが明確になるのが「アベノショック」です。

 

我々にとって日銀緩和は失敗なのですが、彼らにとっては成功なのです。
なぜって、それがアベノミクス。

 

日本国の金融資産を献上する目的を実行しているからです。

 

アベノミクス。

 

この言葉が死語になる日は意外と近いのかもしれません。

 

この上、今の政府は腐った年金制度を腐ったまま存続させ、これにマイナンバーを付けて若い世代からさらに徴収を計ろうとする一方、若者支援と目くらまし政策をして、誤魔化している。

 

今の日本の若者は、非常に可哀想だが、この国を出た方がよいのかもしれない。
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!