we have a Dream プロジェクト

渡辺雅典

今回は、「we have a Dream プロジェクト」を取り上げます。

 

この案件は前回も取り上げましたが、この続報です。

 

この案件ですが、募集の最終段階にあり、昨日などは凄まじい数の入塾促進メールが入っていました。

今日は、入金を促すためのプレゼント作戦メールが入っていますね。

 

300万円ほどのプレゼントが用意されているとのことで、入金を迫っているのです。。

煽り方がスゴイですね。

 

これで焦って入塾して、急いでお金を用意している人がいると思うと、本当にネット業界ってまだまだ危ないなぁと思います。

 

ネットの宣伝だけで中身もろくに分からずに、何十万円もお金を動かしてしまうわけですから、本当に危ないな。。。と思います。

 

ネット業界のモラルが明確に問われる時期は、必ずどこかで訪れることになるでしょうね。

この人の案件を見ていたところ、随所に蝶乃舞氏と似たような戦略や対応が感じられました。

 

この辺りのグループの人たちは似たようなマーケティング手法を利用しているから、そうなるのでしょうね。

 

たとえば、コメント欄にヒドイ書き込みをした人がいたらしく、その人のことを取り上げて、批判するコメントなんかは蝶乃舞氏と全く同じと言ってよかったと思います。

 


全うなことをしている人というのは、入塾を強く急がせたり、入金を急かしたりしません。

GIVEが多くて大きい人ほど、自分からではなく相手から勝手に集まってくるのです。

 

人気ミュージシャンのコンサートチケットが1分以内で完売となるのは彼らのGIVEが、凄まじい大きさだからです。

 

ネット起業家はブランディングしてカッコよさを演出しても、所詮は金を下さいということがまず第一に来ている人が多いので、煽ったり焦らせたりしないともたないわけです。

 

本当に与えているものがあると確信していて、それが当たり前のことになっている人が、人の心を煽るようにして入金を急がせるなんていうことは絶対にしません。入金をはじめに迫りまくるロッカーなんて売れるわけないですよね。

 

ネット塾で急がせたり、締め切りが迫っているといったことを何度も繰り返し繰り返しメールを送り付けては急がせ、それでも無理なら特典が無くなるぞ!!といった具合に焦らせる手法を取る人ほど、中身がない傾向にあります。

 

よって、この「we have a Dream プロジェクト」の凄まじい煽りは、危険を強く感じます。

振り返れば畑岡マスターマップも、煽りまくっていましたね。

 

畑岡マスターマップでは購入者に対して、高額合宿のオファーを始めた際に、「タダじゃないんですか?」と聞いた購入者を取り上げて動画で怒りを示していたということもありましたね。

 

畑岡は購入者すら煽りに利用していたのです。よって、畑岡マスターマップほどの悪質性は感じないものの、やはり似た傾向にあると言わざるをえません。

 

ただ、30万円を払った後、さらにバックエンド商材が用意されていたら畑岡系パンダ種決定です!!

強い危険を感じるものの、やはり客観的評価という点では今の段階では微妙商材となります。

~関連記事~
WE HAVE A DREAM 評価

コメントを残す

サブコンテンツ


不労所得への道
 
初心者向けアフィリエイト基礎講座
 
ネット業界人偏差値ランキング

不労所得マニアのネットビジネスニュース速報

現役トレーダー直伝 トレーダーになる方法

不労所得マニアへのお問合せ

管理人

不労所得マニアの生活ブログの管理人
【Author】 
不労所得マニア
元一部上場企業SEの自由人
プロフィールはこちら

アーカイブ

生活を変える移住

ページ先頭へ

error: Content is protected !!