福澤英俊氏によるサイドラインビジネス 解析レビュー

今回は、福澤英俊氏によるサイドラインビジネスについて、整理をしたいと思います。

サイドラインビジネス2

なぜ、今回この商材を取り上げたか?

それは、我々が情報商材を見るときに絶対見なければいけない部分のことについて話をしたかったためです。

それは、「特定商取引法に基づく記述」です。。

今更ですが、一応ちゃんと整理しておきたいと思います。

なぜ、ネットビジネスの情報商材には、「特定商取引法に基づく記述」が必ず書かれているのでしょうか?

それは、消費者トラブルを生じやすい特定の取引であるため、法律により販売者名、住所、運営会社、販売条件等の情報記載が義務付けされています。

ネットビジネスは、そもそもそういった種類の商取引であると既に国からも認知されているのです。

よって、この「特定商取引法に基づく記述」は絶対なのです。

販売する側の立場に視点を移せば、この表記だけは絶対的に避けられません。

法律の目的は、商取引の健全性促進です。

よって、我々が情報商材の購入検討をする際、この部分に関してしっかりと確認する必要があります。

この最も重要な表記が、この福沢英俊氏によるサイドラインビジネスではどのように記載されているかという言いますと、空なのです。

どういうことかと言えば、そこをクリックすると再度、サイトが初期表示状態になるのです。

ソースを確認すると、リンク先が空になっています。

リンク先未設定状態というわけです。
サイドラインビジネス.jpg

情報販売は、これが命なのにこれがない。

正面から法律を守っていないのです。法律を完全に守っていない商材について、該当するカテゴリはないのですが、無理やりにカテゴリに落として込んだとして危険商材です。

こういった正面から最も大切な法律すら守らない商材について、それが単に間違いとか忘れてましたとか、そういった話で済まされるものではありません。

それが一般社会のオーソドックスなビジネスマインドです。

このような観点に関して、ネットビジネスだけしか知らない人にとっては厳しく感じるかもしれませんが、一般社会のビジネス視点で考えると、危険商材どころか、ただのお遊び商材として判断され相手にされることすらないでしょう。

分類分けすら不毛ですが、カテゴリ分類で言えば、危険商材判定となります。

 

(後追記)

ネット業界でどういった塾に入るべきなのか?どういった教材を購入するべきなのか?

判断に迷うことも多いと思います。ですが、この判断はコストとなるお金と時間に直結します。

こちらを参照してリスクの大きい教材を購入しようとしていないかをチェックしてください!!
ネット業界人 偏差値ランキング

一つの指針に過ぎませんが、非常にリスキーなものを遠ざけることが出来るのではないでしょうか。

特にアフィリエイトに関しては、未来を見据えた上でも不労所得マニアは以下の教材を推しています!!

外さないし、既に王道の必携教材だと思います!
当サイト特典付きでのご購入は、以下リンクからお願いいたします。

【下克上】不労所得マニアの特典付き購入リンク
【賢威】不労所得マニアの特典付き購入リンク

必要な教材、商材はしっかり購入し、間違いのない道を歩んでいきましょう!
特典は完全に突き抜けたものをご用意しております!!

自由を最速でゲットする方法

コメントを残す

サブコンテンツ


不労所得への道
 
初心者向けアフィリエイト基礎講座
 
ネット業界人偏差値ランキング

不労所得マニアのネットビジネスニュース速報

現役トレーダー直伝 トレーダーになる方法

不労所得マニアへのお問合せ

管理人

不労所得マニアの生活ブログの管理人
【Author】 
不労所得マニア
元一部上場企業SEの自由人
プロフィールはこちら

アーカイブ

生活を変える移住

ページ先頭へ

error: Content is protected !!