学歴と年収の現実をチェック。本当にあなたの浪人は必要か?

不労所得マニアです。

今回は学歴と年収について、取り上げます。

学歴を追い求める背景

東京大学、京都大学、大阪大学、東京工業大学など、世界にその名を轟かせる日本のトップ名門大学に入れば生活は全く違うものになるはずだ!!

 

そこまでではなくても、私立の有名大学でも大きな違いが生まれるはずだ!!

 

いや、大学に行くだけでも全く異なった生活になるはずだ!少なくとも、高卒よりは有利だ!!

 

そもそも、大学に行くのは当たり前だ!!など。

 

受験生は明確にこのように思っていないくても、どこかでこのように感じて周囲に流され、大学を受験する人がほとんどではないでしょうか。

 

学歴と年収を比較チェック

中卒、高卒、大学卒、大学院(修士)卒、大学院(博士)卒。

 

学歴には色々な道があります。

 

その各学歴の成功者を想定して、年収比較をしてみました。
 


中卒は毎年20万円づつ年収が増え、高卒は25万円増える。そして大卒は毎年30万円、大学院修士は35万円、大学院博士は40万円づつ年収が増加することを想定します。(各学歴の成功者を想定しています。)

 

また、学歴中卒が働き始めた年齢から、学費にかかった費用を高卒から大学院博士卒まで、マイナス値を入れて費用を考慮しました。

 

中学や高校も私立に行っていたとか、浪人した、留年したという場合は、このマイナス費用はさらに大きくなることが想定されます。

 

(学生である間の生活費も学費の一部であると考えると、さらにマイナス値を拡大する必要があります。)

 

学歴を得るために支出した費用、学歴を手にして稼いだ収入を計算に入れて作表しましたが、費用対効果という点でようやく学歴が生きてくる、獲得総額年収がその学歴を得ていない人を上回ってくるのは、年齢で言えば50代に達してからです。

 

大学院の博士課程については、60代になってからということで、費用対効果という点ではパフォーマンスの良さはあまりないように感じます。

 

これらの想定は、かなり優秀な人を対象としています。大学卒、大学院卒という人でも、実際は年収が1千万円程度以下で頭打ちになることが多いと思います。

 

さらに、ここで言及しておかなければいけないことは、中卒や高卒という人たちは、大学卒や大学院卒という人たちよりも、店舗などの個人経営をする場合が多いので、年収の頭打ちが無い事も多く、個人経営としての節税効果なども含めると、かなり有利になることが分かります。

 

そういった考慮をせずに、単純に数字上の年収増だけで比較して、50代でようやく費用対効果という点で学歴が生きてくるという話なので、実際に各学歴の成功者たちを集めたら、中卒や高卒という人の方が実質年収、生涯獲得年収が高かったということは十分に考えられます。

 

かなり単純化した比較で、実際に東大や京大、阪大、東工大などを出てエリートサラリーマンになっても、上記で示したような順風満帆な年収ロードを辿れる人は一部に限定されると思います。

 

早稲田は?慶應は?といった疑問もあるかと思いますが、総じて同様だと思います。

 

慶應大学については、この中でも慶應ボーイと呼ばれ、幼稚舎から慶應という存在(医師、経営者などのご子息)などに関しては格段に年収が高くなる傾向がありますが、このような特殊な存在は考慮していません。

 

学歴と年収から浪人の合理性は?

学歴と年収をドライにチェックすれば、学歴社会を信じて偏差値が一段低い大学に行かずに、浪人をする行為に経済合理性があまり無いことに気が付くのではないでしょうか。

 
もちろん、何らかの特殊な希望があって、進学する大学を選んでいる場合は、話は別になりますが、実際にはあまり明確なことも分からずに、印象だけで進学先や進学する学部を決めていることが多いはずです。

 

中学卒業とともに寿司職人の修行をして、寿司屋を開店させ、一気に年収を引き上げる人たちも数多く存在するわけです。

 
学歴社会の信望者たちが浪人している間に、すでに働いている人たちは、それまでに稼いだお金を投資して、さらに事業を拡大させていることも多いのです。
 

低学歴の職歴エリート、低学歴の高収入獲得者たちの方が経済合理性という点で優れた道を歩んでいる場合も多いということになります。

 
結婚相手を選ぶ際に、学歴の点から、高収入か低収入か?といった点を推定する行為も意外に妥当な比較ではない場合も多いことになるのではないでしょうか。
 

学歴の費用対効果が50代になってから生じる意味

50代になってようやく学歴が生きてくるということは、50代から60代の間をそこで働き続けてこそ、学歴価値を得られることになります。

 
そうであれば、職業人生はサラリーマンで始まり、そしてサラリーマンで終わるという道以外には考えられないという人が多くなるのも当然です。

 
これが、学歴社会の真実です。

 

この意味をどのように捉えるのかは人それぞれに違って当たり前だと思います。
 

ただ、不労所得マニアが大学受験生だった頃、社会の現実がこのようになっているとは想像すらしないことでした。
 

ここまで窮屈で、レールが敷かれているようなイメージは持っていませんでした。これでは「社畜」と呼ばれてしまう理由も分かります。
 

これからの社会は個人で稼ぐ時代、みんなが不労収入を得る時代、そうであるとするなら、自分の人生を一度点検してもよいのかもしれません。
 

イメージしていた人生と、今の自分の人生に差がある場合にはなおさらですね。
 

学歴重視を子供に押し付けて、窮屈な世界観で子供を覆ってしまうだけの学歴価値も無くなってきていると思います。特に、勉強が本当に苦手という子供にまで、学歴重視を押しつけることをされている人は、そういったことを考え直した方がよいと不労所得マニアはそう思います。
 

不労所得マニアは、不労収入を誰でも得ることが出来る道を模索しています。是非、当サイトを参考にして頂ければと思います!!

 
不労所得生活に関する情報は以下を参考にしてください。
不労所得生活に向けて
 

その他、節約関連情報を選別しデーターベース化しました!!
保険の見直しで節約 データーベース
不動産投資、節電のデーターベース
株主優待データーベース
不労所得生活、節約生活を支えるカードのデータ
お金を借りる方法データベース
婚活情報データベース
留学、通信制高校データーベース
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

不労所得への道

初心者向けアフィリエイト基礎講座

SEO研究

ネット業界人偏差値ランキング

ツールリスト

情報商材購入時の注意点

情報商材購入時の注意点

不労所得マニアのネットビジネスニュース速報

ネットビジネスニュース

現役トレーダー直伝 トレーダーになる方法

環境と習慣からの不労所得

日常の不労所得
 
防犯対策

株主優待検索サービス

株主優待検索

不動産投資、節電で不労所得生活

不動産投資と節電で不労所得

店舗展開で不労所得

接客マナー教育

洗脳脱出(学歴と年収)

学歴と年収

不労所得マニアへのお問合せ

管理人

【Author】
不労所得マニア
元一部上場企業SEの自由人
プロフィールはこちら

本気の婚活、出会い、結婚

本気の婚活

保険の見直しで節約

保険の見直しデーターベース

最適電気料金プランで不労所得

お金を借りる方法

お金を借りる方法

自己投資(留学、通信制高校情報)

留学と通信制高校の情報

格安航空券最安値で節約

人生の楽園という不労所得

ピザは家で美味しく節約

最安値で引越して節約

ページ先頭へ

error: Content is protected !!