不労所得生活には色々な迫り方がある

不労所得マニアです。

 

不労所得生活を実現させるために、お金を何とか貯めて、一刻も早くリタイア生活に入りたいと思う人も多いと思います。

 

でも、雇われの仕事だけではお金はそんなに早く貯まらない。

 

そうは言っても、今のライフスタイルから早く抜け出したい!!ということであれば、今の自分よりも理想的なライフスタイルを身に付けている人を見つけて、その人と同じような生活が今の時点で出来ないものか考えてみるのも一つの手ですよね。

 

実際、不労収入を得たとして、その後どうするのって話の先には、やっぱり理想的なライフスタイルという視点が出てきますよね。

 

そうであれば、今の時点で、今よりもより理想的なライフスタイルに移行出来ないだろうかと考えてみたらよいのでは??

 

もしかしたら、現時点で既に今よりも理想的なライフスタイルを手に入れることが出来るかも。。

 

単に知らないだけ。

 

情報が不足しているだけなのでは??

 

今の時点で、より理想に近いライフスタイルを送ることが出来るなら、理想的なものにした方がいいですよね。

 

そして、理想的なライフを手に入れたら、もしかしたら収入の種類も現時点では想定が付かなかったものになる可能性もあります。

 

働きたくない・・・という言葉の裏には、おそらく今のような環境下で働きたくないという意味で、実際に何もしないということではないと思います。

 

好きな事をしながら生活が出来ればベストという話ですよね。

 

はじめに不労所得を得ることを目的にするよりも、現実の情報をしっかりとキャッチするということに徹した方が、多くの場合において、理想的なライフスタイルに早く近付くことが出来るのではと思ったりします。

 

なぜなら、どこかに雇われた状態の収入というのは、一部で非常に高額な場合もあるのですが、そうでなければ、上限が見えていて、仕組上、そんなに早くゆとりある不労所得生活へ移行できるようにはなっていません。

 

コツコツとネット収入など副業収入を積み上げつつ、今の時点で変化を付けて理想に近付くことは出来ないものか、考えた方が人生全体を通して結果的に大きく喜びを享受していたということにつながるのではないかと思います。

 

この人生全体ということを常に頭に入れておくことは非常に大切ですよね。

 

不労所得マニアも、先日千葉県にて発生した小学生の女の子が、保護者会の会長に殺害されるという大変痛ましい事件を前にして、ちょっと考えさせられました。

 

この容疑者である保護者会の会長は、不動産収入、家賃収入だけで生活していたと思われるとの報道がされていましたね。

 

働かないで稼ぐ仕組みを既に持っている人間でも、このような事件を引き起こす可能性があるのです。

 

完全に気が狂っているとしか思えない事件で、個人的には薬物使用なども疑っていますが、究極的には、不労所得生活においても、このような人格が生成される可能性があるということを示す事件だったと思います。

 

ネットビジネスの現場においても、不労所得マニアが過去に騙された案件などは完全に気が狂っているとしか思えない案件でした。

 

人生全体。

 

本当に豊かな生活を送りたいと思ったら、本当に大切な人と、自分の人生と、自分が今こうしたいと思うこと、全てに誠実に結論を出すべきだと思いますね。

 

偏ってしまうと良くないのでしょうね。

 

バランスを取った上で、不労収入を確保していくべきですね。

 

何とか不労所得生活を得ることに成功した!と思った時に築き上げた人格が、完全に崩壊への道を辿るようなものであるとすれば、おそらく人生において本当は一番大切なものを犠牲にして、辿り着いた結果ということが示されているのかもしれません。

 

こういう人たちが今も現実に存在しています。

 

 

だから、見た目で判断してはいけない。

 

良くも悪くも、人を肩書きで判断してはいけないと不労所得マニアは思います。

 

不労所得生活へと進んで行く過程においても、色々の肩書の人たちが出現することでしょう。

 

でも、その肩書きで判断してはいけませんね。

 

私、不労所得マニアが作成しているネット業界人偏差値ランキングは、肩書は一切関係なしにランク付けしています。
ネット業界人偏差値ランキング

 

コメントを残す

サブコンテンツ


不労所得への道
 
初心者向けアフィリエイト基礎講座
 
ネット業界人偏差値ランキング

不労所得マニアのネットビジネスニュース速報

現役トレーダー直伝 トレーダーになる方法

不労所得マニアへのお問合せ

管理人

不労所得マニアの生活ブログの管理人
【Author】 
不労所得マニア
元一部上場企業SEの自由人
プロフィールはこちら

アーカイブ

生活を変える移住

ページ先頭へ

error: Content is protected !!