グーグルのウェブマスターツール利用について。一歩先行くSEO対策。

「グーグルのウェブマスターツールは利用しない方がよい。」

 

サイトアフィリエイトをしている人であれば、SEO対策に関する言動で、こういった事を聞いたことがある人は多いと思います。

 

サテライトサイトを作成している場合にグーグルには、このサテライトサイトも本体のサイトも同一人物が作成していることがバレてしまうではないか!!

 

という件ですね(笑)

 

特にSEO対策を会社単位のある程度大きな規模で行っている場合、サテライトサイトのサテライトサイトまで作成して自然を装うということまで行われているのが現実です。

 

確かにこういった事をしている人にとっては、グーグル検索エンジン対応で身も蓋もない結末に至るようなリスクのある行動は取れないと思います。

 

また、「サテライト」という事自体がグーグル騙し思考から発生しているので、そもそも、両方同じ人が作っていることを知らせたら意味ないですよねという話になるわけですね。

 

ですが、このサテライトからの被リンク価値というのはコンテンツによって決まってくる時代となり、さらにこの傾向は高まりを見せている中で、そもそもサテライトだって、ちゃんとしたものでなければダメなわけですよね。

 

そうであるとすれば、もはや「サテライト」という考え方に意味はなく、しっかりとした本体サイトだけが評価されてきているのだと思います。

 

サテライトサイトに価値はもはや無くなってきているものと不労所得マニアは考えています。

 

その中で、個人単位でグーグルウェブマスターツールや、キーワードプランナーを利用しないのは、もったいないなと感じます。

 

もちろん、中古ドメインを購入するなどしてサテライトサイトを作り上げ、これが効いていた時代から使い続けているサイトに関しては、ウェブマスターツールへの登録および利用は気が引けるかもしれませんし、確かにこの場合には避けた方がよいのかもしれません。

 

というか、現実問題としてグーグルがこの点のSEO対策に関して何らかの明確なメッセージを出さない限りは、この場合は避けるべきでしょう。

 

ですが、そうではないのであれば、もはやグーグルウェブマスターツールはどんどん活用していくべきだと思います。

 

個人は個人らしく、効果的で良いものは、どんどん利用していきたいですね。

わざわざ、やりにくい環境で戦ってくれている人たちが居るわけなので、後発組は徹底的に使えるものは使う!!という形でやっていくべきだと思います。

 

それがサイト品質を向上させ、実際にサイト訪問者にも価値ある情報を届ける上で役立つと思うのです。

 

単にサイト改善に役立つだけでなく、アクセス解析も正確で分かりやすい。

キーワードにおける改善はサイト集客に直結する事柄ですね。

 

グーグルが提供しているツールで、グーグルの対策をする環境を確保した方がやっぱり正確かつ効率的、戦略的にサイトを改善していけるものと思います。

 

この改善はグーグルのウェブマスターツールだけでなく、キーワードプランナーなども組み合わせてさらに確実な対策を施していきたいところです!!

 

こういった点を元に考え直しても、やっぱりサイトアフィリエイトの必携王道教材は以下のものになります。

未来を見据えた上でも欠かせないアフィリ教材

未来を見据えた上でも不労所得マニアは以下の教材を推します!!
外さないし、必携教材だと思いますね。
当サイト特典付きでのご購入は、以下リンクからお願いいたします。


【下克上】不労所得マニアの特典付き購入リンク

【賢威】不労所得マニアの特典付き購入リンク

必要な教材、商材はしっかり購入し、間違いのない道を歩んでいきましょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ


不労所得への道
 
初心者向けアフィリエイト基礎講座
 
SEO研究
 
ネット業界人偏差値ランキング
 
ツールリスト

情報商材購入時の注意点

情報商材購入時の注意点

不労所得マニアのネットビジネスニュース速報

ネットビジネスニュース

現役トレーダー直伝 トレーダーになる方法

環境と習慣からの不労所得

日常の不労所得

株主優待検索サービス

株主優待検索

店舗展開で不労所得

接客マナー教育

不労所得マニアへのお問合せ

管理人

不労所得マニアの生活ブログの管理人
【Author】 
不労所得マニア
元一部上場企業SEの自由人
プロフィールはこちら

アーカイブ

出会いのための投資

カードで節約、不労所得生活

お金を借りる方法

お金を借りる方法

格安航空券最安値で節約

人生の楽園という不労所得

ピザは家で美味しく節約

最安値で引越して節約

ページ先頭へ

error: Content is protected !!