もしもドロップシッピングの評判と実際

不労所得マニアです。

今回は「もしもドロップシッピング」を取り上げます。

このもしもドロップシッピングですが、今はIT初心者さんにもネットビジネス初心者さんにもオススメしていません。

なぜか?

理由は以下に書いています。

・難易度が高い。

・成果が出にくい(※サイト訪問者に住所なども入力して頂くため、それなりに安心感のあるサイトデザイン力が求められる。)

・現時点(2017年2月16日時点)でグーグルから良い評価を受けられていない。

・もしもサイトのフォーマットに販売力がない。(昔なら通用したのでしょうが、もう今は遅れを取っている。)

以上をすり抜けて実際に継続的に売上をたて続けて利益を確保するのは難しいです。

ですが、私はもしもドロップシッピングについてはもう3年程度、売上がない月がありません。

そして、さらに改善を試みています。

それは、【自動化】です。

これまでも自動化を進めてきましたが、今はこの最終段階にあります。

今後についてですが、グーグルの意向など環境要素が変わらない限り、もしもドロップシッピングに注力するのは危険だと感じています。

もしもドロップシッピングで独自ドメインを取得し、サイトフォーマットにも独自のアレンジを加えて販売力を確保した上で、SEO対策なども含めて対応するのは非常に難しいのです。

その上、ネット上でも多数書かれているように、もしもドロップシッピング自体に不透明性が存在することも、否めませんね。

内容としては、還元率の変動理由や価格設定、それから販売実績に関する透明性の確保です。

サイトデザインに結局、もしも本体サイトへリンクが混入してあったことがあるなど。。

ビジネスとして、しっかりと精神が確立されていない印象がつきまといます。

このようなことを捉えていると、人に勧められるものではないというのが正直な感想です。

ただし、もしもドロップシッピングでサイト構築力を付ければ、これより難しいものはないので力にはなる思います。

私自身、もしもの作業に関してはかなり自作自動ツールを適用しています。

今はこの最終段階にあり、これがほぼ完成しています。

自動化もほぼ完成。

今後はこれを一時的な時間を利用して対応することになると想定しています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネス 業界人偏差値ランキング

現役トレーダー直伝 トレーダーになる方法

不労所得マニアに質問など

業界人動向 デイリーチェック

管理人

不労所得マニアの生活ブログの管理人
【Author】 
 不労所得マニア
(一部上場企業、SE)

はじめて購入した情報商材、畑岡マスターマップでネットビジネス業界のレベルの低さを痛感。
ここからは本格ビジネス目線で情報商材についても徹底分析、徹底検証!!
そして、詐欺商材については徹底的に批判!!
優良なものを選定していきます!!

それから、不労所得について徹底的にこだわり抜いていてきます。不労所得を順次増やしていく経過をここに記します。

このページの先頭へ